プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年04月18日

長年のライバル関係に終止符。AdobeがMacromediaを買収!

Posted by JS at 18:46 / Category: IT・デジタル / 3 TrackBack

AdobeがMacromediaを34億ドルで買収(ITmediaニュース)

 日本ではライブドアによるニッポン放送買収問題が、結局フジテレビのニッポン放送完全子会社化とライブドアへのフジの資本参加というカタチで一応決着したようだが、海外では驚きの買収劇が起こっていた!
 それはAdobeによるMacromediaの買収だ。現在ではブログの出現もあって、自分のホームページを持つのもずいぶん手軽になったが、ひと昔前はソフトを買ってきて、色々と勉強しながら、コツコツ作るというのが主流だった。そのホームページ作成ソフトの中で、プロユース向けとして有名なのが、Adobeの「GoLive」と、Macromediaの「Dreamweaver」。

 両ソフトとも一長一短があり、私も初めてHPを作ろうと思ったとき、どちらを買おうか悩んだものだ。周りの友人やWebデザイナーもGoLive派とDremweaver派に別れており、それぞれの長所・短所を聞き、じっくりと吟味した。Macromediaは「Flash」との連携が魅力的だったが、私の場合はDTPの仕事をしていてAdobeのソフトを多用していたこともあってAdobeのGoLiveを選んだ。
 そのAdobeがMacromediaを買収したというのだから驚いた。今後はGoLiveのいいところと、Dremxaverのいいところが合わさったソフトが出現することだろう。もうソフトに迷うことなく、その1本を買えば、まず間違いない。PDFとFlashの連携もより快適になるだろう。さらには「Illustrator」や「Photoshop」に、「Freehand」や「Fireworks」の要素が加わってくると思われる。
 素晴らしいことだとは思うが、強力なライバルと技術や価格で競合することで、ユーザーにより良いものを提供できる部分はどの世界にもあること。今回の買収でAdobeの独走状態となるのは、果たしていいことなのだろうか……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif