プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年04月28日

浅井嘉浩プロデュース興行再び!? 新イベント『dragon door』誕生!

7・19に新イベント「dragon door」を開催(スポーツナビ)

 「株式会社闘龍門ジャパン」は「株式会社ドラゴンゲート」へと変わったわけだが、元ウルティモ・ドラゴン校長(浅井嘉浩)のプロレス学校「闘龍門」自体はその後も存続している。しかし、それはメキシコの話で、“有限会社”として日本にも残っていたとは知らなかった。
 浅井校長から“卒業”していったドラゲー勢に対し、闘龍門X勢は校長のもとに残りつつ、フリーというカタチで各団体へと散っていった。校長自身も当初はWWEへUターンする予定だったが、何らかの事情により日本に残り、最近では2代目ザ・タイガーとして試合をしている。そして、今回ドラゲーには参加しなかった元闘龍門JAPANのBATAやんこと川畑憲昭を中心に、新日本にも参戦していた石森、ドラゲーを離脱して現在全日本マットに参戦している近藤が『dragon door』なるイベントを立ち上げた。
 ライ○ドアそっくりのロゴをしている、このdragon doorは浅井の人脈・コネクションを頼りに、規模の小さなハッスルを目指すとのこと。つまりは初期の闘龍門JAPANやT2Pのような、浅井嘉浩プロデュースの興行が再び立ち上がるということか? 最近ドラゲーから近藤やブラザー、ミラノらが離脱したが、dragon doorは元T2P勢に声をかけていくらしい。一度は浅井から離れていった選手たちが、再び浅井のもとに集まり、再び浅井プロデュースのプロレスをすることになるのだろうか!?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif