プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年05月01日

芸人さんがプロレスしながら、プロレスを熱く語るぜ、フォー!

Posted by JS at 01:52 / Category: テレビ・本 / 0 TrackBack

Yarisugi-Kozy.jpg 30日深夜に放送されたテレビ東京の『やりすぎコージー』は、“プロレス愛好者たちの逆襲!”という企画だった。
 プロレス好きが多いことで有名な芸人の中から、ケンドーコバヤシやバッファロー吾郎、リットン調査団、そして赤マル急上昇中のレイザーラモン住谷らが出席して、プロレスの魅力や最強は誰かということを熱く(?)討論していた。これにパンクラスでも練習している“総合格闘技支持派”の今田耕司がちゃちゃを入れるという構成。
 さすがは芸人らしくナイスセール、ナイスバンプの応酬で面白かった。トークが白熱すると、芸人らがリングに上がってプロレスをしていたのだが、「学生プロレスチャンピオン」の肩書きを持つレイザーラモンは見事な肉体だった。う〜ん、さすがはハードゲイ! フォー! 最後はやっぱり、あの人、春一番が登場しての「1、2、3、ダー」で締めた。どこぞの局で本物のレスラーが出席してやっていた暗い話題ばかりの討論会よりも、こっちのほうが「やっぱりプロレスって素敵だなぁ〜」と思えたよ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif