プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年05月17日

日テレ大英断! 7.18ノア東京ドーム大会を当日150分放送!

Posted by JS at 13:01 / Category: 【プ】NOAH / 0 TrackBack

ノア150分!日テレが超ロング中継を検討(nikkansports.com)

 いや〜、プロレス界にとって久し振りに明るい話題だ。三沢vs川田、小橋vs健介が発表され、プロレスファンの期待を一身に集めているノア7.18東京ドーム大会。日テレはこの大会の模様を当日深夜に特番(※関東ローカル)で放送することを予定しているが、何と放送時間を当初の90分から、深夜1時59分〜4時25分までの150分(2時間30分)に拡大することを検討しているという。素晴らしい! ぜひ実現してほしい。
 格闘技ブームに乗って、日テレも『K-1 JAPAN』などの放送をしてきたが、フジやTBSに比べてイマイチ振るわず、さらに2003年大晦日の『イノキボンバイエ』を巡る一連のゴタゴタにはかなり泣かされた。そんな日テレだからこそ、私は常々「日テレはノアの放送権を持っているし、馬場全日本時代の映像という貴重な財産もあるのだから、もっとプロレス中継に力を入れて欲しい」と書いてきたが、ついにその時が来た!
 ちなみに全国放送となる7月24日(日)のレギュラー放送も1時間に拡大されるとのこと。今泉富夫番組プロデューサーは「視聴率は問題にしていない。東京ドームで行われる最高のプロレスを、たっぷり楽しんでもらいたい」と語っているようだが、これらの放送が高視聴率となれば、毎週のレギュラー放送が30分から60分に拡大されたり、ゴールデンタイム進出の可能性も出てくる。低迷するプロレス界において、まさにひと筋の光! 関東ローカルのプロレスファンは7月18日、全国のファンは24日の放送をオンタイムで見るべし!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif