プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年06月09日

6.26『PRIDE GP』で田村vs滝本、ミルコvsマゴメドフが決定!

Posted by JS at 14:52 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 2 TrackBack

田村潔司VS瀧本誠のスーパーファイトが決定!
ミルコはレッドデビルの刺客に怒りをぶつける
(PRIDEオフィシャルサイト)

050609_Tamura.jpg 6.26『PRIDEミドル級GP2005 2回戦』でのワンマッチ試合として、“赤いパンツの頑固者”田村vs“総合を舐めていた男”滝本の日本人対決と、ヒョードル(負傷欠場)戦が延期になったミルコvsレッドデビルの刺客、イブラヒム・マゴメドフの2カードが決定した。
 まず田村vs滝本だが、先日『プロレス、K1、PRIDE「禁忌(タブー)」の読み方2 禁断の構図(アングル)』(日本文芸社)なる本を読んでいたら、「田村はPRIDEのリングで、それぞれの競技vsUWFの異種格闘技戦という意識が強くあるのではないか」と書かれていた。なるほど。PRIDEミドル級王者のシウバ、巨漢レスラーのサップ、柔道の吉田、K-1のセフォー弟、レスリングのマックモドと、田村はPRIDE参戦以来、まるで異種格闘技戦のような相手とばかり対戦している。高田戦はインター時代から熱望していた師弟対決なので別格として、桜庭戦をOKしないのも田村の“異種格闘技戦指向”に当てはまらないからか。
 吉田戦の前、田村は「アマチュアに負けない!」と力強く語り、吉田は「(田村は)Uを背負っているんでしょ」と言っていた。まさしくUWFvs柔道の一戦だったが、田村はこれに敗れた。その後も田村は「吉田戦とはもう一度やりたい」と発言していたが、今回吉田ではなく滝本を相手に柔道に借りを返すことになった。吉田と比べると、まだ総合2戦目の滝本だけに、例え勝っても「借りを返した」となるかどうかは疑問だが、滝本を下せば吉田との再戦も実現する可能性大なのではないか?

 そして、またしてもヒョードルの負傷により、念願のヒョードル戦&タイトルマッチが延期になったミルコ。つくづくツイてないなと同情したくなるが、今回もミルコは試合を休むことなく、8月のヒョードル戦を前に試合を行うとのこと。しかもヒョードルと同門のレッドデビルの選手と。レッドデビル側としてみれば、マゴメドフを鉄砲玉にして親分と闘わせる前に痛い目に遭わせておきたいところ。かなり荒っぽい仕掛けをしてきそうだが、果たしてミルコは?
 前回はヒョードル戦延期に伴い、ノゲイラ兄と対戦し、勝利を目前にして逆転のタップアウト負けを喫したミルコ。頂点まであと少しのところで奈落の底に落ち、どん底から這い上がってくる姿がミルコの魅力なだけに、「ここでもう一回落っこちたら、ミルコはどうなるんだろう?」なんて考えてしまうが、ここはいい加減スッキリ勝って、ヒョードルと万全の状態で対戦してもらったほうがいいかな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif