プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年07月14日

今秋からauのケータイは「EZ FeliCa」と「au ICカード」搭載へ

Posted by JS at 13:24 / Category: IT・デジタル / 1 TrackBack

KDDIも「おサイフケータイ」──au版モバイルSuica正式発表(ITmediaモバイル)

 記事にするのが遅くなったが、先日KDDIが今後auのケータイにもFeliCaチップが搭載され、「おサイフケータイ」になることを発表した。ちなみに「おサイフケータイ」はドコモが使っている名称だが、移動体事業者間で話し合い、“おサイフケータイ”を一般名詞にしたほうがいいだろうということになったらしい。
 機能としてはJR東日本の「モバイルSuica」機能のほか、電子マネー、ポイントカード、会員証、交通チケットなどの機能が搭載される予定とのこと。セキュリティ面では、暗証番号による「Felicaロック」、紛失したときに遠隔からロックできる「遠隔オートロック」、一定時間を過ぎると自動的にFelica機能にロックがかかる「クイック解除」の3種類を用意。
 EZ FeliCa対応の新機種は、まずは9月に「W32S」と「W32H」の2機種を投入する予定。

auの「au ICカード」でできること(ITmediaモバイル)

 また、このEZ FeliCa対応の「W32S」と「W32H」から、UIMカードの「au ICカード」も搭載されるとのこと。au ICカードは、着脱可能なUIMカード。対応端末間でカードを差し替えることができ、1回線の契約で利用目的に応じた複数端末を使い分けることが可能になる。
 つまり、今までは新しい機種を購入した際は電話番号を変えたくなければ「機種変更」をするしかなかったのだが、au ICカードを差し替えるだけで、今までの電話番号のまま使うことができるわけだ。今後発売予定のWIN端末から順次装備する計画で、最終的にはすべてのWIN端末に搭載される予定とのこと。
 このau ICカードには電話番号情報のほか、海外のGSM端末に挿すことで、同一番号のままGSM圏約160カ国での音声通話が可能になる機能も搭載されている。
 さらに、PKIを利用した電子認証機能も搭載されている。ICカードにKDDIが発行する電子証明書(au証明書)を保存でき、認証に必要だったIDやパスワードの代わりにこの証明書を使え、よりセキュアな環境かでインターネットアクセスが行えるというわけだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif