プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年08月21日

伝説のプロレス番組『リンたま』が一夜限り復活! 破壊王の試合を堪能

Posted by JS at 04:21 / Category: 【プ】プロレス全般 / 0 TrackBack

050820_Rintama.jpg テレビ朝日で20日深夜に放送された『リングの魂〜橋本真也スペシャル〜』を見た。
 かつてテレ朝で放送されていたプロレス&格闘技のバラエティ番組『リンたま』が、4年ぶりに一夜限りの復活。ナンチャンの「リングのたましぃ〜」という懐かしの雄叫びと共に、番組は7月11日に亡くなった橋本真也さんと親交のあった勝俣州和、ビビる大木、神無月をゲストに迎え、橋本さんの名勝負のVTRを数々放送した。
 また、途中特別ゲストとして蝶野正洋も登場! 伝説の名セリフ「時が来た!」の話や白いコスチュームの話、リンたまで三の線を出すことを新日本から止められた話など、蝶野だからこそ話せるエピソードを数々披露してくれた。
 さらに通好みのマニアックな試合映像やIWGP防衛戦全20試合映像、さらに「負けたら即引退SP」の小川戦&Uインター・高田とのIWGP戦をノーカットで放送するなど、見応えある内容だった。改めて“新日本の切り札”と呼ばれていた頃の破壊王の試合は、いま見てもドキドキできる素晴らしい試合だった。ナンチャンも言っていたが、奇しくもこうして破壊王の試合を見直すことで、プロレスの素晴らしさというか、面白さが再確認できた。
 プロレスの面白さを色々な角度から伝えるためにも、できることなら『リンたま』には一夜限りといわず、機会をみてレギュラー枠で復活していただきたいものだ(個人的にナンチャンは真面目にスポーツキャスターをやるより、リンたまくらいくだけてた方がいいと思うし)。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif