プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年09月08日

鉛筆ほどの薄さ、カラー液晶、14時間再生の「iPod nano」登場!

Posted by JS at 12:43 / Category: Mac・iPod / 0 TrackBack

iPodnano.jpg iPod関連の新機種発表があるのではと噂になっていたApple Special Eventで、やはり新機種の発表があった。それは、鉛筆ほどの薄さながら、カラー液晶を搭載し、14時間連続再生可能なバッテリー寿命を持った超小型iPod「iPod nano」だった。
 iPod nanoはiPod miniの後継機に当たり、miniの販売は終了する模様。容量は4Gと2G、色はホワイトとブラックのモデルがあり、価格は4Gモデルが2万7800円、2Gモデルが2万1800円。容量こそ小さいが、機能的にはノーマルiPodとほぼ同じ。いまの容量だと、音楽に加えてスライドショーとかを十分楽しむには厳しそうだけど、フラッシュメモリもどんどん容量アップするだろうから、しばらく待てば6G〜10Gくらいにはなりそう。
 併せて、iTunes 5も発表され、すでにダウンロードできる。
 また、MotorolaのiTunes携帯「ROKR」も発表されたが、米国では同日発売され、欧州やカナダ、香港、シンガポールなどでも9月から10月にかけて発売予定。アルゼンチン、ブラジル、メキシコほか世界各国でも10〜12月期中に提供開始の見込みとのことだが、日本に関しては触れられなかった模様。日本でも出してほしいなぁ〜。auあたりから。

ソニー、復活“ウォークマン”「Aシリーズ」発表(ITmedia +D LifeStyle)

 時を同じくして、ソニーからもHDDタイプ&フラッシュメモリタイプウォークマンの新機種が発表された。今までは「ネットワークウォークマン」と呼ばれていたが、このモデルから「ウォークマン」になるとのこと。まさにソニーがウォークマンブランドの意地を賭けた商品だと思われ、ライバルのiPodの新商品発表と同じ日に発表になったのも因縁深いものを感じるな。
 HDDタイプの形状がなかなか独特で好みの別れるところだとは思うが、個人的には「カッコイイ! こりゃあ欲しい!」とは思えないかなぁ。再生中のアーティストに近いジャンルのアーティストを検索できる「アーティストリンク」機能とか、ユーザーがよく聞く楽曲や、楽曲発売年でのシャッフルが行える「インテリジェントシャッフル」機能とか、なかなか面白くて使えそうな再生機能が増えたのはいい感じ。
 フラッシュメモリタイプは、好評だった香水瓶デザインのまま。まぁこれはカッコイイし、いいんじゃないでしょうか。ただ、iPod nanoの2Gモデルが2万1800円なのに、こちらの2Gモデルが3万2000円前後と約1万円差があるのは、少々キツイかな。
 PCとの連携ソフトが、イマイチ使い勝手が悪かった「SonicStage」から、Aシリーズ専用ソフト「CONNECT Player」に変わったことで使い勝手が向上してる可能性もある。「ウォークマン復活」を掲げるソニーだけに、かなり力が入っているのは間違いなさそうだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif