プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年09月19日

村上がバトラーツに参戦した日、柴田はノアのリングでKENTAと合体!

Posted by JS at 00:11 / Category: 【プ】BML・UWAI STATION / 1 TrackBack

力皇が三沢を破り3度目の防衛 次は田上か
初防衛のKENTAはBML柴田と電撃合体
(スポーツナビ)

 草間さんの『知りすぎた、私』(東邦出版)に、新日本が4月のドーム大会に三沢を借りたバーターとして、ノア側は永田や天山、蝶野ではなく、棚橋(当初は中邑)を指名したことが書かれていたが、そのノア9.18武道館大会にBMLの柴田が登場し、KENTAとの合体を表明した。ノアは他団体の若くてイキのいい選手をうまく使うなぁ。
 柴田とKENTAはお互い、当初から「組んでみたい選手がいる」みたいな発言をしていたので噂にはなっていたが、なかなか魅力的な蹴撃コンビ。柴田はW-1での秋山戦で好勝負を展開したし、ノアファンも受け入れやすいのでは? BMLの旗揚げ戦後、「しばらく出稼ぎに出ます」と言っていた上井プロデューサーだが、村上がバトラーツやリキプロ、柴田がノア、そしてW-1と、出稼ぎというか“場数”が増えているのはいいことだろう。その上で、各リングで作ってきたネットワークと、両者のレベルアップが来年のBMLの興行で活かせれば、BMLはさらに面白いことになりそうだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif