プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年10月13日

ビデオ再生対応の新iPodと、カメラ&リモコン付きの新iMac G5が登場!

Posted by JS at 03:31 / Category: Mac・iPod / 0 TrackBack

0510_NewiPod.jpg Appleが噂されていた通り、スペシャルイベントでビデオ再生対応の新iPodを発表した。2.5インチワイドQVGA液晶(320×240ピクセル、26万色)で、MPEG4、H.264のムービー再生が可能。カラーはnano同様にホワイトとブラックの2色。30GBが34,800円、60GBが46,800円。
 既存のノーマルiPodに代わり、今後はこのビデオiPodがいわゆる“iPod”になる模様。液晶がデカくなったのに、本体のサイズは変わらず、さらにかなり薄くなっている! iPodアクセサリには新型Dockと、それと組み合わせて使うリモコンもある。ちなみにこのリモコンは、下記の新iMac G5にバンドルされているものと同じだ。

 ビデオ再生が武器のポータブル機器といえば、PSPがあるが、PSPは無線LANを搭載しているので、PSPで直接映像コンテンツをダウンロードすることもできる。しかし現時点では“PSP向けに配信されている映像コンテンツ”にあまり魅力的なものはない。一方、新iPodは同時にバージョン6にバージョンアップしたiTunesと連携して、2,000点のミュージックビデオやPixarのショートフィルム、ディズニーのテレビ番組などが有料ダウンロードできる模様(ただしこれらのコンテンツを、多くの人が魅力的に思うかどうかは分からないが)。
 また、PSPはVAIOやスゴ録に録画したテレビ番組を変換→転送して、大きくて綺麗な液晶画面で見るということができるが、ファイルはメモステに入れることになるため、大容量のメモステが必須となる。しかし現時点でメモステの最大容量は2GBで、しかも高価! 一方、新iPodはPSPに比べると液晶画面が小さいが、買い足しなしで30GBか60GBだ。MPEG4、H.264形式に変換さえしてしまえば、テレビ番組なども新iPodで再生できるし、かなりの量を入れることができる。

0510_NewiMacG5.jpg また、iSightを内蔵し、iPod shuffleのような形をしたApple Remoteコントローラーをバンドルした新iMac G5も発表。20インチモデルが199,800円、17インチモデルが152,800円。
 新機能の「Front Row」はVAIOのDo VAIOみたいな機能で、Apple Remoteコントローラーを使えば、iMacをテーブルに置いたままで、離れたソファーに座りながらiTunesで音楽を聴いたり、DVDを再生したり、iPhotoで写真を見たりすることができちゃう。日本で流行りのテレパソのように、テレビ視聴機能がMacには標準で搭載されていないのが、ちと残念!

FAQ:待望のビデオiPodと新型iMac、その特徴は?(CNET Japan)

 ↑ここに、今回発表された新iPodと新iMac G5で「やれること」「やれないこと」が書かれている。iMacにUSBテレビチューナーを接続して、テレビ番組を録画→それを変換作業なしで、ダイレクトにiPodへ転送とかできればいいなぁ〜。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif