プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年10月30日

青森でもハッスル人気大爆発! インリン様は着物姿でチビッコも悩殺!

Posted by JS at 21:56 / Category: 【プ】ハッスル / 1 TrackBack

 仕事で本日の『ハッスル13』をPPVで見てきた。ここ最近のハッスルはHG効果、和泉元彌効果などで大人気! 11.3ハッスル・マニアのチケットも爆発的に売れているらしく、この日の青森産業会館も超満員だったようだ。いやはやスゲーな、ハッスル。ちなみにハッスル・マニアはバトル三昧で速報リポートを書きますので、よろしくお願いします。
 で、この日のハッスル13も絶好調でした。某老舗団体の現場監督も、巡業を抜け出してハッスルに参戦。坂田相手に、ハッスルらしからなぬ殺伐とした雰囲気を漂わせながら乱闘を繰り広げていた。ほかにも、高田総統が恐山から連れてきた恐・イタコなる“ご当地モンスター”は、亡くなっているレジェンド・レスラーが憑依するそうで、頭を右手で叩きながらジャンピングニーを見舞い、観客に向かって「オー」とやったり、急に動きがスローになったと思ったら脳天唐竹割りやジャンピングネックブリーカー、そしてロープにもたれかかりながらの16文キックを見舞ったりしていた。なぜか鉄拳制裁から延髄斬りまで見舞っていたが、その人は亡くなられていないはずでは……

 インリン様は試合こそなかったものの、この日も来場。やけにはだけた着物姿で妙に艶めかしいM字ビターンを披露していたが、リングサイドにいた子供たちがニヤニヤしながら見つめる姿は、正直どうかと……
 セミハッスルのハードコアマッチも会場を大いに沸かし、メインハッスルの6人タッグでは“キャプテン・ハッスル”小川から「これは俺が某老舗ダーん体の目を覚まさせるために使ったものだ」と手渡された黒のオープンフィンガーグローブを着用した石狩が、かつての師・川田の目を覚ませるために大ハッスル! モンスター軍に一矢報いた。
 調子に乗った(?)石狩は、試合後高田総統に向かって「ハッスル・マニアでハッスル軍が負けたら解散だ!」と大胆宣言。これには高田総統は大喜び! キャプテン小川や大谷も、多少戸惑いながらもこの石狩発言を支持し、4日後に迫ったハッスル・マニアではハッスル軍vsモンスター軍の最終戦争に突入することになった。

 と、この日マニア前の最後の“煽り”となったわけだが、6時開始で9時前にはすべてが終了し、非常にテンポのいい進行だった。各スキットはやや短めだったが、試合は面白いものが多かったし、相変わらず高田総統のしゃべりは抜群で、外はすでに寒いという青森だが、会場内は大いに盛り上がっていた。11.3『ハッスル・マニア2005』は相当盛り上がるのは間違いない! 今こそハッスルは見ておくべきだろう。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif