プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年10月31日

コマラツイスト、69ドライバー、PW…HGの技は「カタイ」らしい!

Posted by JS at 20:11 / Category: 【プ】ハッスル / 0 TrackBack

051031_HG-1.jpg 本日、都内の道場で11.3『ハッスル・マニア2005』でプロレスデビューするHGが、公開練習を行ったので取材に行ってきた。詳細はバトル三昧の方で。
 HGは試合用コスチュームを初披露。自らデザインしたというコスチュームは伸縮性がある素材を使っているそうで、サングラス部分はHG仕様のマスクになっている。靴もちゃんとリングシューズになっていた。
 昨日の『ハッスル13』で「ハッスル・マニアで負けたらハッスル軍は解散だ!」と言い放った石狩に対し、大谷が「お前が余計なこと言うから、HGにプレッシャーがかかるじゃないか!」と叱咤すると、何と石狩はHGに対して「お前には荷が重すぎるから代わりに俺が出てやる」と言い出す。すでに臨戦態勢に入っているというHGは「何なら一丁ここでやりますか?」と、売られたケンカをその場で買う構えを見せた!

051031_HG-2.jpg HGは打点の高いドロップキック、バックドロップ、ストンピングといった基本形の技から、コブラツイストの体勢から石狩の股間をわしづかみにする「コマラツイスト」や、ツームストンパイルドライバーの体勢で持ち上げると、石狩の目の前にある腰(股間)を振りながら落とす「69(シックスナイン)ドライバー」といったオリジナル技も披露! 最後には石狩の顔面に座り込んで、自らカウント3を数えた。
 このほかにも石狩がコーナーの前でグッタリしていると、腰を振りながら近づき、「この体勢ですかぁ〜。行きますよぉ〜」と何やら凄そうな技を披露しようとしたが、大谷が「待て、HG! それは本番までやるな!」と制止。HG曰く「PW」というこの技は本番までのお楽しみとなった。ちなみに数々の技を食らい、何度もHGの股間を顔面に押しつけられた石狩は、うわ言のように「カタイ、カタイ」と呟いていた……。

051031_HG-3.jpg 公開練習で石狩を69ドライバーでマットに沈めたHGを、たくさんのカメラと報道陣が取り囲んだ。
 1カ月くらい前に腰痛になったHGだが、「いまは(腰フリを)出し惜しみしているんで、腰は全快です」とコンディションは上々の様子。一部報道で先行披露していた「HG三角絞め」に関しては、練習の段階では勃起できていないので成功はしていなそうだ。しかし本番では、アドレナリンもかなり出てるだろうし、インリン様に技を極めながら、川田を見ることで勃起したいとのこと。
 報道陣から「今すぐウォームビズを着てほしい寒過ぎる芸能人1位に選ばれましたが?」というキツイ質問が飛ぶと、「冬は怖いですよ。でもこのスタイルは変えられない。せいぜい首もとにファーを……フォー!……セイセイ、ファーをつけるくらいですね」と語り、続けざまに「見た目もさることながら、最近は芸も寒いと言われてますが」と追い打ちをかけられると、「セイセイ! コマラツイスト食らいたいですか? 年内はたぶんイケるでしょ。始めた頃から太く短くなんで。来年は知りませんよ」と返し、日本で飽きられたら海外進出、その先には“スーパーゲイ”への進化を考えているそうだ。ちなみにスーパーゲイとは、スッポンポンになることらしい。
 インリン様との究極対決の先には、高田総統を引きずり出すことも考えているというHG。「彼はゲイ界でもかなり人気が高い人。彼のフンドシ姿なんて、みんなオ○ニーしてると思う」と語った。また、11.3に同じくプロレスデビューする和泉元彌に関しては、「(私と)同じほかの世界からの参戦ということで共感できる部分はある。ただハードゲイ的には0点な男だし、闘ってみたいとは思わない」と、あまり魅力は感じていない様子。
 HGのコーチを務めた大谷は「予想以上のデキだが、今いろいろな話(=下ネタ)を聞いていたら失敗したかな(笑)。でも試合では皆さんがビックリするような動きを見せると思う」と太鼓判。それを隣で聞いたHGは「真面目にしゃべってますが、この人酒臭すぎますよ!」と弱り顔だった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif