プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年11月01日

Amazon.co.jpが本の“立ち読み”が出来る『なか見!検索』を開始

Posted by JS at 19:05 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack

Amazon.co.jp、書籍の全文検索サービス開始〜中身の“立ち読み”も可能(INTERNET Watch)

051101_Amazon.jpg Amazon.co.jpが書籍を購入前に全文検索・閲覧が可能な「なか見!検索」を本日から開始した。和書と洋書合計13万冊以上が対象で、事前に書籍の中身を確認してから購入できる、いわゆる“立ち読み”ができるわけだ。
 試しになか見!検索の対象になっていた『闘龍門大百科』(東邦出版)のサンプルページを見てみたら、目次や奥付、裏表紙などが画像で見ることができた。この他にも、例えば「堀口元気」というキーワードでなか見!検索をしてみると、そのテキストが入っているページから前後2ページを見ることができた。なるほど、なるほど。本の中身が大体どんな感じなのかは分かるかな。ただスキャン画像が粗いので、「何か汚いな」と思われたら辛いけど。
 本を作る側からすると、ネット上から中身がバンバン見られるというのも、ちょっとどうかなぁとも思うのだが、閲覧するには過去に同社で商品を購入したことがあることが条件だったり(要サインイン)、1人のユーザーが閲覧できるページに上限があるなどの“規制”があるのはありがたいかな。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif