プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年12月14日

Dynamite!!での武蔵の相手はサップ! 角田は骨折で欠場

Posted by JS at 13:08 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

051214_Musashi-1.jpg 本日、都内のホテルで大晦日の『Dynamite!!』に関する記者会見が行われ、武蔵×ボブ・サップの決定と、プレデターとの対戦が決まっていた角田が急遽欠場することが発表された。詳細はバトル三昧をご覧ください。
 「今年こそ優勝!」と意気込んでいたK-1 WORLD GPの準決勝で、リザーブ戦から上がってきたグラウベのヒザ蹴りを食らい、KO負けを喫した武蔵だが、「(負傷で)大きな口を開けて笑うことができなかったので、大人しくしてました」と語り、さらには準々決勝(カラエフ戦)で腕を痛めたのだが、準決勝の試合中まで気付かなかったとのこと。しかし、現在のコンディションはほぼ問題ないそうだ。
 WORLD GPに関しては「抽選のときにアーツとバンナが潰し合ってくれると思ってて、実際潰し合ってくれたので、これは決勝までいけるなと思ったが、アーツが急に出られなくなったと聞いて、計算が狂った。トーナメントの恐さを痛感した」と語り、「応援してくれたファンのために、優勝できなかった分、別の形で。クリスマスには遅いですけど、何かできればいいなと思って」という理由からサップ戦を承諾したとのこと。

051214_Musashi-2.jpg サップは今年のK-1 JAPAN GPで、日本人ファイターを次々に倒して優勝している。そういう点では、武蔵は“日本人K-1ファイターの最後の砦”となるわけだが、武蔵は「僕自身は(JAPAN勢の)敵討ちというわけではない。それは負けた選手がやらなければいけないと思う。自分はただサップ選手とやったことがなかったんで、やってみたい。日本タイトルを獲ったかもしれないけど、日本人はまだいるぞっていうのをボブ選手に教えておきたい」と語った。
 サップとは初対決となる武蔵だが、「(最初オファーされたとき)別に動揺もしなかった。何かにつけて話題を呼ぶ選手なので、大きいイベントですし、ほかの試合もメインイベントばっかりですから、その中で自分も話題を呼ぶそうな試合を(したい)。その意味でサップ選手というのは、話題を呼ぶんで(いいんじゃないか)」と語り、「(サップは)動きの早いパンチとか、タイミングの取りづらいパンチというわけではなく、追いつめてドンドンまっすぐに出していくパンチ。だから、相手のペースにハマらずやることが一番重要じゃないかなと思う。JAPAN GPを見て、全員負けたんですけど、何とか凌げばチャンスはあったので、そういうチャンスを逃さなければ(大丈夫)。KOできればいいが、一発のある選手なので、行き過ぎも危険ですし。確実に弱らせて、打撃をもらわず、いかに冷静に闘うかじゃないですか」と分析した。

 なお、角田はスパーリング中に相手のヒザ蹴りが出会い頭で左目に当たって負傷。検査の結果、左眼窩底骨折と診断されたため、欠場することになった。今日にも手術するという角田から「今年1年、アンチエイジングをテーマにやってきたが、締めくくりがこのような結果になり、肉体的にも精神的にも深いダメージを受けているが、ゆっくりと時間をかけてオーバーホールし、心技体を充実させて再びアンチエイジングに取り組んでいく」といったような内容のコメントが届いていることが、谷川Pから紹介された。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif