プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2005年12月22日

秋山欠場により、ホイスの相手は所に変更! 永田はレミギウスと対戦

Posted by JS at 17:27 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

051222_Dynamite!!-1.jpg 本日、大晦日に開催される『K-1 Dynamite!!』の記者会見が行われ、ホイスと対戦するはずだった秋山成勲が負傷欠場となったため、急遽カードが変更になったことが発表された。詳細はバトル三昧をご覧ください。
 ホイスの相手は、谷川P曰く「日本人で最も視聴率が取れる可能性が高いのは誰かと考えたら」という理由から、永田克彦と対戦するはずだった所英男が抜擢された。
 一方の永田の相手は、実は永田本人が「(プロ格闘家デビュー戦の相手として)1番最初に希望した相手」というレミギウスに変更となった。なお、所×永田は中止ではなく、来年3月に開催予定の『HERO'S』で行われる予定とのこと。
 このほかに、HERO'Sルールでバンナ×アラン・カラエフの一戦が行われることも、追加発表された。

051222_Dynamite!!-2.jpg 会見では、ホイス×所の“HERO'S特別ルール”に関する質問が集中したが、谷川Pによると「極力ノールールに近くなると思う。去年のホイス×曙戦に近いルールになるだろう」とのこと。所が「いつもやっているKoKルールができれば、どんなルールでもできると思う」と語っていると、突如ホイスがマイクを持って立ち上がり、「去年の私と曙選手ほど体格差があるわけではないのだから、そんなにルールに関して気にする必要はないんじゃないか?」と主張するひと幕も。
 会見終了後、ZST仲間のレミギウスと共に囲み取材を行った所は「前田(日明)さんに教わった技を試してみたいですね。前田さんが経験して編み出したものとか、(カール・)ゴッチさんから教えていただいたものとか、そういうものを出していきたいですね。前田さんからは永田選手用には色々教えていただいたんですが、ホイス戦はまだですね。これから相談します」と語り、前田直伝の関節技をホイスに仕掛けていくつもりのようだ。
 「この一戦をリングスの試合に例えると?」といった、何とも難解な質問が飛ぶと、所は「そうですねぇ……○○○選手と○○さんの試合にならないように」と爆弾発言! 言った直後に場の空気を察し、「それ、ちょっとマズイですよね!」と言うが、広報さんから「みんなの前で言っちゃったんだから仕方ない!」とピシャリ。それを聞いた所は、慌てて「田村さんとヘンゾ選手の試合のような試合です!」と言い直したが、残念ながらあとの祭り。その後、頭を抱え、ガックリと肩を落としている所の姿を見ていたら、あまりにも可哀想だったので、angle JAPANでは伏せ字にしておいてあげよう。

 また、今朝一部で報道されていた矢沢永吉の“参戦”に関しても、正式に発表された。具体的にどういう形で熱唱するかは、まだ未定とのことだが、谷川P曰く「今年はちょっと趣向を変えて、紅白に勝つにはどうしたらいいか考えて、格闘技団体ではあるが“歌”でも勝っていきたい! 紅白には60組のアーティストが出るが、それに1人で勝てるのはこの人しかいないと思った」とし、今年の夏頃からオファーし、参戦が決定したとのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif