プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年01月15日

上井氏が激白。前田がビッグマウスのスーパーバイザーから降りる宣言!

Posted by JS at 01:17 / Category: 【プ】BML・UWAI STATION / 1 TrackBack

「スーパーバイザーを降ろさせてもらいます」前田日明(カクトウログ)

060115_BML.jpg カクトウログさんによると、ビッグマウスの上井プロデューサーが携帯サイトで連載している日記の中で、前田日明スーパーバイザーから「自分の指示通りに動けないのなら、スーパーバイザーを務める意味がない! よって徳島大会には行きませんし、BMLのスーパーバイザーも降ろさせてもらいます」という連絡があったことを明かしたとのこと。
 前田が「指示通り動けないのなら」と言ったのは、1・4新日本の東京ドーム大会に関して。村上が永田に敗れたことで、永田の株が上がるような結果になったのが納得いかなかったようだ。

 新日本vsBMLの対抗戦と考えれば、確かに勝敗も大事だが、プロレスの場合一番大事なのは内容。永田×村上は確かに専門誌でも「キラー永田」と書かれたように、永田の強さが引き立った試合ではあったが、村上も一方的に負けたわけでなく、随所で良さを発揮していた。その結果、「次は永田がBMLのリングに乗り込むことになるのでは?」というような流れを作ったのではないか。
 しかし、日明兄さんはそれをヨシとしなかった。妥協を許さないと考えれば、いかにも日明兄さんらしいが、上井氏と並んでの会見からわずか1年で、こんな結果になってしまうとは……。まぁ、そうはいっても前田はBMLの取締役に名を連ねており、さくらパパをはじめ、前田とのつながりからBMLをバックアップしている関係者もいることを考えると、“完全決別”となるかどうかはわからない。有限会社ビッグマウスの上井代表の個人的スーパーバイザーを降りるということで、BMLには何らかのカタチで関係が続くことを祈るばかりだが……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif