プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年02月18日

田村のサイン会に長蛇の列! 「ノゲイラ戦で大事なのは体重ではなく気持ち」

Posted by JS at 19:11 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 0 TrackBack

060218_Tamura-1.jpg 本日、高田馬場の芳林堂書店にて、田村潔司選手が著書の『孤高の選択』(東邦出版)の出版記念サイン会を行った。告知期間が短かったにも関わらず、約160人ものファンが集まり、書店の5Fから1Fまで長蛇の列ができた。
 田村選手は終始リラックスムードで、1人1人のファンに丁寧にサインと握手をしていった。サイン会を終えて囲み取材を受けた田村選手は「1対160ではなく、1対1で接することができたので、改めてノゲイラ戦を頑張ろうという気持ちになった。そういう気持ちを忘れないようにしたい」と語った。

060218_Tamura-2.jpg さらに約1週間後に控えたノゲイラ戦に向けて「できればもう少しスタミナ重視の練習をしたかったが、トレーニングをやり過ぎると体重が落ちてしまうので、(あと1週間は)ウエートコントロールの調整をする。体重は今朝量ったら85kgだったが、今回は体重差とかは関係ない。(大事なのは)気持ち! どれだけ思い込みで人が変われるかという挑戦でもある。実際に試合をすれば体重差は実感すると思うが、今は気持ちが先走っているので、すごい充実している。自信を持って挑みたい」と力強く語った。

 ちなみに私はこの本のブックデザインを担当させてもらったのだが、田村選手とはこの日が初対面。囲み取材終了後に改めて田村選手と挨拶し、ちょっと話をさせてもらった。
 近くで見た田村選手は肌つやも良く、かなりコンディションは良さそう。また、著書の中ではPRIDE(DSE)からは、悩ましいオファーをされることが多いようなことが書かれているが、今回のノゲイラ戦に関してはかなり“ノっている”様子。さらにこの日、ファンからの期待を直に受け止めたことで、さらにモチベーションが上がったようだし、これはいい試合が期待できそうだ!
 なお、東邦出版のご厚意で直筆サイン入り『孤高の選択』を頂いてきた。来月のバトル三昧でプレゼントしますので、サイン会に行けなかった方はぜひご応募ください!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif