プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年04月18日

前田「今の俺は丹下段平だよ」 所「ジョーになれるように頑張ります」

Posted by TEAM-angle at 15:08 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 0 TrackBack

060418_HERO'S-1.jpg 18日、都内のホテルで5・3『HERO'S 2006』代々木大会に関する記者会見が行われた。発表された対戦カードや会見に出席した選手のコメントなどは、バトル三昧で速報記事としてお伝えしているので、そちらをご覧頂きたい。
 会見には所英男、上山龍紀、門馬秀貴の3選手が出席したのだが、前田日明スーパーバイザーは会見の冒頭で「この3人は、奇しくもリングスでやっていた実験リーグに上がった選手で、当時見ていて将来伸びていく可能性を感じて(リングに)上げた記憶があります」と、やや感慨深げに挨拶。そして「試合とは読んで字の如く“試し合い”と書くのですが、自分が身につけた技を実際にリングの上でどう試していくか。プロになったらアグレッシブな闘いが要求される。アマチュアでポイントを争うのではない。アグレッシブに闘えば、例え敗れたとしても、それは最高にいい試合になるんです。そういった意味ではどんどん前に出て、どんどん自分の可能性や持っている技を試して挑んでいく試合をこの3人にはしてほしい」とエールを送った。
 さらに「総合はまだルールに盲点がある。まだ創世期だよ」と語る前田。前田がそう断言するのは、リングス時代に色々とルールを変え、何が出来るのか、何が出来ないのかを試行錯誤した経験があるからなのだそうだ。リングス時代の経験があるからこそ、今の試合を見ていて、「なぜアレをやらないんだ? こんなこともできるだろう」と思うことが多いという前田は、「ブラジリアン柔術に捕らわれ過ぎて、見えなくなっている技がいっぱいある。日本人選手にはそういうものをちょっとずつ教えていきたい」とも語った。

060418_HERO'S-2.jpg また、所は昨年のミドル級トーナメントでペケーニョと対戦する前に、前田からギロチン対策を伝授されたのを機に、憧れの前田から直接指導を受ける機会が増えたそうだが、今年に入ってからは連日前田宅に通い、リビングや自宅前にある公園で1日2時間程度の本格的トレーニングをしているそうだ。
 トレーニングの内容は、リングス時代に経験した世界各国の練習メニューの中からいいものを取り入れながら、新日本時代の根性式なものまで、その人に合ったメニューを組んでいくという。公園では試合で使う動きやタックルをサーキットで行い、自宅のリビングでは様々な状況から技に入れる“7種類の技”を伝授しているという。そこで前田から課題が出され、所はそれを持ち帰ってジムで反復練習をし、技を習得するという流れらしい。思わず記者から「前田さんの家にはリングがあるんですか?」という質問が飛んだが、前田は「そんなの(あるわけないじゃん)……ただの賃貸マンションだよ」と苦笑い。ちなみに公園ではよく近所のちびっ子も遊んでいるそうで、桜の木を揺らしている子供を注意したり、子供が持ってきてしまった亀を返しにいったりもしているそうだ。
 さらに前田が「(所に俺とスパーリングを)今度やろうかって話しているんだけど、まだやってないです」と語ると、所は恐縮しながら「はぁ、やってみたいとは思います」と答えた。「(前田の指導は)優しくやってくれますけど、(首を鍛えるために)前田さんに首を押さえてもらうとき、ちょっと力を入れられただけで、ポキッといきそうでした。(現役時代は)凄かったんだろうなっていう幻想がさらに膨らみました」と、憧れの前田について嬉しそうに語っていた所。前田と所の師弟スパーリングなら、お金を払ってでも見たいファンもいるだろう。
 ちなみに前田教室には、“昼飯・晩飯付き”という特典があるらしく、昨晩も豚肉1kgの冷しゃぶを前田自ら振る舞ったそうだ。思わず前田も「今の俺は丹下段平だよ」と言って笑ったが、所は「(矢吹)丈(=あしたのジョー)になれるように頑張ります。セコンドに付かれたら緊張しちゃうけど、“明日のため、その1”はやり続けたいです」と、本気でジョーとおっちゃんの関係を地でいく気のようだ。

 「前田さんとの練習で自分が変わり始めた」と語る所に対し、前田は「所に求めているものが100あるとしたら、今はまだ60くらい。でも体重も当初は65kgくらいだったけど、昨日の朝で69kgあった。そろそろ疲れもピークになってきた頃だけど、それでも動けるようにはなってきたからね。身長は(須藤)元気と変わらないんだから、普段の体重を75kgくらいまで持っていって、5kg絞って試合をするのが理想だね」と、まだまだこれからだよと言わんばかり。
 記者から「所選手を理想の格闘家に育てたいですか?」という質問が飛ぶと、「理想かどうかは分からないけど、あとは本人次第ですね」と答えた前田。それを聞いた所は「さらに頑張ろうという気持ちになりました」と気合いを入れ直したが、前田は「コンビニ弁当からファミレスに昇格したし、今度風呂付き1Kにも引っ越すらしいし。でも今年の1月の試合みたいに(2月のペトライティス戦?)、女の子にキャーキャー言われて魔裟斗に変身しないようにな。魔裟斗の真似するとやられちゃうからなって言ってるのに、キャーキャー言われると魔裟斗に変身しちゃうんだよ」と釘を刺すことも忘れなかった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif