プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年05月04日

HERO'Sに“KS"タイガーマスクが登場! あのIQレスラーがPから電撃移籍!?

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 0 TrackBack

060503_HERO'S-1.jpg 3日、代々木第一体育館で行われた『HERO'S 2006』の模様はバトル三昧で詳細をお伝えしている。一瞬だけ流れた『UWFのテーマ』に関しても詳しく書かれているので、ぜひそちらをご覧下さい。
 しかしKIDの飛びヒザ蹴り4秒勝利や所の失神KO負けなど、驚く場面が多かった大会だが、何より一番驚かされたのは、休憩明けに突如前田スーパーバイザーが「もののふ中のもののふ。8月よりのHERO'Sの大会に参戦する強者」と紹介して、リング上に呼び込んだ人物だろう。聞き覚えありまくりの『SPEED TK RE-MIX』に乗って花道に現れた人物は、オレンジのタイガーマスク。額にはこれまた見覚えありまくりの“KSマーク”。
 その体格、しゃべり方、マスク越しに覗く目、どこからどう見てもあの人。もし予想通りのあの人なら、以前もタイガーマスクのマスクを被って入場してきたことがあった。その時のマスクは別名『二冠伝説』と呼ばれるタイプだったが、今回のマスクは初代タイガーが1981年頃に使用していた『牙付き』と呼ばれるタイプだった。ちなみにあの人がプロレスラーになったキッカケは、テレビで見た初代タイガーだったはずだ。

 このKSタイガーがあの人だとするならば、リング上で前田とガッチリ握手をするシーンが見られるとは思ってもいなかった。そして解説席に船木もいたし、さらにこの日会場には高山が来ていたという情報まであり、まさしく前田が提唱していた“スーパーUWF”がHERO'Sのリングで実現しそうな雰囲気。
 それにしても、先日高田道場を退団した際は「円満退団です。今後もPRIDEが主戦場です」とマスコミに発表されていたが、まさかまさかの電撃移籍だ。本当に驚かされ。FEG側も引き抜きは強く否定していたし、そもそもあの人はお金だけで動くような人ではない。かなりの理由や決意があってのことだと思われるが、FEGによると4日にKSタイガーマスクが出席して記者会見を行うとのこと。会見の模様はバトル三昧で“会見速報”としてお伝えする予定なので、そちらをぜひご覧下さい。

060503_HERO'S-2.jpg HERO'Sのほうに話を戻すと、ミドル級トーナメント開幕戦ではメンジバー、ヤヒーラ、マンバ、宇野が勝ち上がった。谷川プロデューサーが戦前予想した通り、日本人にとってはかなり厳しい結果が多く、とりあえず準々決勝進出が決まったのは宇野とシードのKIDと元気の3選手だけ。
 なお、前田スーパーバイザーはカウンターで蹴りを食らってKO負けした愛弟子・所に関しては「完璧なミステイク。ああいう選手にフェイントをかけないのは、雑もいいところ」と苦言を呈した。また、わずか開始早々の飛びヒザ蹴りで宮田を瞬殺したKIDに関しては「彼は試合前からパンチで倒すとか、オリンピック選手を倒したいと言っておいてから、いきなり飛び上がった。宮本武蔵と佐々木小次郎のように、試合の前から心理戦だった」と分析した。

060503_HERO'S-3.jpg スーパーヘビー級戦線ではアントニオ・シウバは期待通りの動きを見せて、前田スーパーバイザーもvsサップ戦やスーパーヘビー級トーナメント出場を示唆するような発言をしている。また、そのトーナメントにはレスナーも出場させるつもりのようだ。
 そしてフライ相手に惨敗を喫した曙に関しては「スタミナのなさが出た。ロープでどうしても休んでしまって、テイクダウンまで持っていけない。彼が現役としてやるには、今のコンディションでは難しいと思う」とかなり厳しい評価。それでも今年開催が予定されているHERO'Sアメリカ大会での奮起を即すような発言はしていた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif