プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年05月04日

超満員のDDT後楽園大会で、ミラノコレクションG.A.Y.が大鷲に熱い接吻!

Posted by TEAM-angle at 19:55 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

060504_DDT-1.jpg 4日、後楽園ホールで行われたDDT「MAX BUMP 2006」の模様をバトル三昧で“リアルタイム速報”としてお伝えしたので、そちらをご覧下さい。
 今大会は元新日本プロレスの後藤達俊vsポイズン澤田の“実は同期対決”のほか、前回の後楽園大会で、大鷲がオカマ軍団からプレゼントされたハードゲイ変身セットを使い、男色ディーノから勝利したことで「大鷲祭りになる」と宣言。見所満載の大会ということもあり、GWのど真ん中にも関わらず、後楽園ホールには超満員の観客が詰めかけた。

060504_DDT-2.jpg 男色ディーノがミラノコレクションA.T.と男色&男前タッグを結成し、メインで大鷲組と対戦することが決まっていたが、戦前髪の毛を七三に分け、黒縁メガネをかけたディーノは「ぼくは更正しました。もうゲイとか考えられません。ホモとか許せないですよね!」と“脱ゲイ”宣言。
 入場時から試合途中まではギリギリ真面目路線を貫いていたが、大鷲からの再三による股間アピールについに発狂してしまい、何とパートナーであるミラノに襲いかかるという暴挙に! するとミラノはこともあろうに、試合前大鷲から「ここに置いておくから、絶対に開けるなよ!」と“前フリ”をされて、コーナー下に置かれていたハードゲイ変身セットが入ったピンクの小箱を開けてしまう。
 そしてハードゲイキャップとサングラスを付けてミラノは、“ミラノコレクションG.A.Y..”に変身! フォーのポーズからディーノの股間をぐっと握ってニヤリと笑うと、ディーノと共に大鷲にパイプカッターを見舞い、さらにはHARASHIMAに俺ごと掘れ! そしてミラノが大鷲の唇を奪い、最後はディーノが男色ドライバーでHARASHIMAをフォールした。
 試合後、大鷲から「俺が1年かけてDDTでちょっとずつ壊れてきたのに、お前はわずか1日でここまでやっちまうなんて。前の団体のときはお前のことは格好付けた嫌な奴で大嫌いだったんだけど、今日のお前は大リスペクトだぜ。今日は大鷲祭りなんて言ったけど、ミラノ祭りだ! 何と因果か他団体で俺たちがこうやって戦って、握手までするんだぜ。何かちょっと感動的になっちゃったけど……。まぁお前アメリカに帰るみたいだけど、エイズだけは持ってくるなよ」と言葉をかけられたミラノだが、さすがにやりすぎてしまったの痛感したせいか、DDTにはもう上がらない宣言をするが、ミラノとのシングルマッチを虎視眈々と狙っているディーノに言いくるめられてしまい、飯伏との“通常の試合”ならOKということで、DDT継続参戦を約束した。
 ちなみに、後藤&長井の“元新日本”勢と対戦したポイズン澤田は完敗した上、蛇界パワーを使い果たしてしまった。そのため、次回6月の後楽園大会では社長の高木三四郎が田中リングアナ指名選手と対戦することになった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif