プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年05月10日

スト市の相手「X」は鈴木みのる! CIMAは次の後楽園で茶髪&ダンスを披露

Posted by TEAM-angle at 21:56 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 1 TrackBack

060510_Suzuki.jpg 4月23日に大田区体育館で関東でのビッグマッチを行い、大盛況に終わったDRAGON GATEが、10日に後楽園ホールで『AGGRESSIVE GATE』を開催。この大会の模様は、バトル三昧でリアルタイム速報として、全試合を写真付きで詳細にお伝えした。
 掻い摘んで要点だけ挙げていくと、フロブラとの敗者キャラクター剥奪マッチに辛くも勝利し、大田区大会では巨漢・吉江と対戦するなど、最近またも“オイシイ”扱いのストーカー市川。本日の対戦相手は「X」。過去、Xとされていた大物と数々対戦してきたスト市だが、リングに上がってきたのはモッチー。しかし「お前の相手は俺の古くからの知り合いに無理に頼んだ」というモッチーから呼び込まれたXは……
 何と『風になれ』に乗って入場してきた鈴木みのる! 闘龍門JAPAN時代にスト市と対戦したことのある高山を合わせると、顧問の天龍、そして健介に続き、これで鈴木も“跨いだ”わけだ! 外敵四天王は新日本、BMLだけでなく、何気にドラゲーマットでもいい仕事をしている。試合結果は言わずもがなだが、せっかくドラゲーマットに上がったのに“食い足りない”鈴木に対し、モッチーが“関西でのビッグマッチ”7・2神戸ワールド大会で、モッチー&鈴木vsマグナム&天龍を提案。鈴木もこれを承諾してモッチーとガッチリ握手した。ちなみにこの日の鈴木の頭の剃り込みは、龍の模様になっているそうだ。

 その他にも戸澤塾に勧誘され続けているアンソニーは、とりあえず戸澤塾入りは横に置いておいて、次の後楽園大会(6・16)に学ラン姿で登場することを約束。それが似合うか似合わないか、お客さんの反応次第で戸澤塾入りを考えることになった。さらに筆頭の戸澤は、岩佐に対しても金髪を黒髪にしてくることを指示。男を磨くための試練が続く戸澤塾から目が離せない。
 そして鷹木はアメリカ遠征の壮行試合として、ドリームゲート王者の横須賀と対戦。ジャンボの勝ち!、友情を食らってもカウント2で返す粘りを見せたものの、最後はハルクを倒したダブルアーム式友情に沈んだ。横須賀から「帰ってきたらタイトルマッチでもう1回やろう」と最上級の賛辞を受けた鷹木は、「借りを返さないといけない奴らがたくさんいるので、帰ってきたらそいつら全員に借りを返す!」と叫んで、アメリカへ旅立った。

 メインはCIMA&フジイ&マグナム&モッチーvs土井&吉野&Gamma&谷嵜の、闘龍門JAPAN初期メンバーvsマッスル・アウトローズの一戦。この日、第1試合終了後にマッスル勢に襲撃されたハルクを救出したCIMAはハルクにブラッド入りを勧める。一方のマッスル勢は「メインでは誰か裏切り者が出るぞ」と不気味な予告をしていた。
 さすがにこれだけの豪華メンバーが揃った上に、CIMA陣営がベビーフェイス、マッスル勢がヒールとハッキリ分かれているだけに、超満員の観客は休む暇もないくらい声援かブーイングのどちらかを飛ばしていた。CIMAとマグナムが合体するなど、滅多に見られない場面も見られ、見応えも十分。
 そして、何度もピンチに陥ったCIMAがついに吉野をシュバインで叩き付けてフォール。玉岡レフェリーがカウント2まで数えたところで……何と黒竹刀を手にとった玉岡レフェリーがCIMAを襲撃! 土井が予告していた裏切り者とは玉岡レフェリーのことだったのだ。結局、突然の出来事にパニック状態のCIMAが、Gammaの掟破りの逆シュバイン(Gamma曰く、この技はGammaスペシャル)で叩き付けられてフォール負けを喫した。
 今後、玉岡レフェリーは阿部四郎のような悪徳レフェリーになる模様。さらに試合後、タッグを組んだマグナムとモッチーは「俺たちは俺たちの道を行く」と、vsマッスルはCIMAに任せて龍魂ロードを進むことを宣言。フジイと2人だけになってしまったCIMAを再びGammaと岸和田が襲撃した、その時! CIMAの救出に入ってきたのは、B×Bハルク! ハルクは次の後楽園大会(6・16)でCIMAとタッグを組んで、岸和田&Gammaとの対戦を直訴した。
 ハルクの心意気に胸を打たれた様子のCIMAは、ハルクに対して「お前はPos.HEARTSを背負ったままでいい。名前なんて何でもええ。何ならブラッドハーツでもいい」とまで言い、さらにハルク側に歩み寄る証拠として、6・16後楽園大会では茶髪に染め、ダンスを踊ることを宣言! 最後にCIMAの大ベビーフェイス転向に大喜びの観客に向かって「俺が“こっち側”に来たってことは、トコトンまで満足させたるからな。心臓バクバクするようなプロレスを見せたるからな!」と叫んだ。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif