プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年05月22日

ウォークマン携帯のW42Sか? Bluetoothレシーバー付属のW44Tか?

Posted by JS at 15:15 / Category: IT・デジタル / 0 TrackBack

au携帯電話の新ラインナップ7機種の発売について(KDDI)
ウォークマン携帯、防水WINも──KDDI夏モデル7機種登場(ITmedia)
KDDI、個性的な夏モデルで「こだわりに応えるau」をアピール(ケータイWatch)

W42S.jpg 最近、気になる電化製品の発表がいろいろあるのだが、本日はauの新機種(夏モデル)が発表になった。目玉は日本初のウォークマンケータイとなる、ソニー・エリクソンの『W42S』。
 端末下方に搭載された円形のミュージックシャトルキーと連続30時間の音楽再生、さらにデータフォルダとは別に1GBの音楽専用メモリを内蔵+近々発売される4GBメモリースティックPRO Duoにも対応=最大5GBの容量と、いかにも“ウォークマンっぽい”仕様になっている。しかし、すでに約1年前から海外では発売されている「WALKMAN PHONE」のほうが、デザインもカッコイイし、Bluetoothも付いているんだよなぁ。海外のWALKMAN PHONEのデザイン&仕様のまま、日本でも使えるケータイにして出してくれるのが一番いいのに……

 Bluetoothといえば、本日発表された東芝の『W44T』はBluetoothを搭載した上、Bluetoothレシーバーが付属されている(※ただしレシーバーにはマイクが搭載されていないため、ハンズフリー通話はできない)。さらにウォークマンケータイのW42Sほどではないにしろ、1GBの内蔵メモリ(音楽専用ではない)と19時間連続再生と“ウォークマン的な使い方”も十分できる。ただなぁ、デザインがあまりにもサッパリしているんだよなぁ。私はメカメカしいデザインが好みなので、デザイン的にはW42Sのほうが好きなのだ。
 現在はW31Sを使っているので、W42Sにしてもデザイン的にはあまり変わらないのだが、電池の持ちもかなり悪くなってきたのでそろそろ機種変したい。う~ん、W42SとW44Tを足した感じだったら、即決定なのになぁ。さらに、そこにFeliCaとワンセグを加えてくれれば文句なしだったなぁ……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif