プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年06月04日

ついに後藤&ケロに呪文がかかり、ファンタジーのDDTが元新日本を撃破!

Posted by TEAM-angle at 16:56 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

060604_DDT-1.jpg 4日、後楽園ホールで行われたDDT『Audience 2006』の模様はバトル三昧でリアルタイム速報でお伝えしているので、そちらをご覧下さい。
 それにしても最近のDDTは本当に見所が多い。今回の後楽園大会も見所満載だったが、メインは復活したポイズン澤田が「打倒・ケロ軍団」のために高木三四郎とタッグを組み、後藤&長井と激突した一戦。試合前、ケロちゃんは「もっと引っ張るかと思ったけど、意外と早くここまで来た」と言っていたが、観客は最近の長井の口癖である「誰?」と書かれた紙を掲げて、すっかりヒートアップ(ちなみにこの「誰?」の紙は熱心なDDTファンが会場で観客に配っていて、ホールのお客さんがみんなで「誰?」と掲げているシーンは壮観だった)。
 そんな中、試合開始早々の場外戦で北側客席に雪崩れ込んでいった三四郎が、自ら積み上げたイスの山の上に後藤の殺人バックドロップを食らってしまい、セコンド陣に担架で運ばれるというアクシデント(?)に見舞われた。

 その間、ポイズンがローンバトルとなったが、終盤になって三四郎が蘇生してポイズンを救出。しかし元新日本勢のセコンドであるケロちゃんが「タッチしてないじゃないか!」と猛抗議。すると三四郎はケロちゃんの胸ぐらを掴んでスタナーを見舞おうとするが、ギリギリで後藤がカット!
 文章で読むだけだとWWEのパロディーのように感じるかもしれないが、「なんだよ、WWEの真似じゃん」なんて言っている奴はいないほど、会場は大盛り上がりで、元新日本勢のヒールっぷりはDDTファンをかなりヒートさせていた。
 そしてクライマックスは、ラリアットを見舞うとした後藤に対しポイズンが呪文を唱えたシーン。今まで散々ケロちゃんが「アレ(=呪文)は効かないよ」と“DDTの世界観”を否定し続けてきたが、見事復活したポイズンの呪文の切れ味は非常に鋭く、何と後藤の動きが止まった! さらに長井に対しては毒霧を吹き付け、最後はキャトルミューティレーションでギブアップを奪ってみせたのだ。まさかまさかのDDT勢の勝利! 元新日本勢完敗!
 試合後、ポイズンの呪文が“効いた”後藤に対して、DDTファンからは大後藤コール。DDTに登場以来、辛辣コメントばかりだったケロちゃんも「今日は負けた。DDT魂を見せてもらった」と素直に述べたが、三四郎は「まだDDT魂を食らっていないじゃないか!」と納得いかない。そしてポイズンが呪文を唱えると……なんとケロちゃんの右腕がスーっと上がり蛇界ポーズ!
 「なかなかやるね、澤田君」と独特の憎まれ口を叩いたケロちゃんだが、観客は拍手喝采。三四郎も「プロレスに一番大事なのはファンタジーだ!」と絶叫し、ポイズンも「ファンタジーがストロングスタイルに勝った!」と叫んだ。そして実は同期のポイズンと後藤がガッチリと握手し、熱い抱擁。何ともハッピーエンドだった。

060604_DDT-2.jpg 試合後、恒例の“集会”を開いた三四郎は、あの“Mrバックドロップ”である後藤と、ある意味“新日本の象徴的存在”だったケロちゃんが呪文にかかる=自分たちが作り上げ、信じて今まで続けてきた世界に2人が“跨いで来てくれた”ことに感無量の様子。「やっぱりプロレスっていいものだよな」と連呼し、DDTファンと一体になって雄叫びを上げた。
 このほかにも、前回の後楽園大会でとんだ“変態さん”になってしまったミラノが、飯伏と一騎打ちをして大まじめに試合をした上で勝利したり、ディザスターボックスの新規メンバーを決めるオーディションが、急遽バトルロイヤルに変更になったのに優勝したのが大鷲だったり、その大鷲の英断によりマイケル、猪熊、マッスル、ゲイレーラJrの4人が新規メンバーとなり、熱狂的DDTファンの女性客(大鷲曰くブサイクさん)がディーバに抜擢されたり、MIKAMI&鳥羽に勝利してKO-Dタッグ王座を防衛したイタリアン・フォー・ホースメンをTHE MACが急襲し、次回THE MAC&XがKO-Dタッグ王座に挑戦することになったり、次回の6・25新宿大会で7大タイトルマッチが開催されることが発表されたりと、とにかく盛りだくさんの内容だった。
 同日、埼玉ではPRIDE武士道が開催されたのだが、観客の熱狂っぷりでは負けていないし、プロレス界の大御所記者の方も何人か取材に来られていた。低迷していると言われるプロレス界ではあるが、ここに来てDDTがかなり上り調子なのは間違いない。ぜひこの世界感を多くの人に味わってもらいたいが、何せキャラの濃い選手が多いし、それぞれのキャラとストーリーを踏まえていたほうが、より楽しめる世界なので、DDTの“予習”をしてから観戦されることをオススメする。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif