プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年07月25日

イノキゲノム、予想以上に反響が大きく(?)準備期間不足のため開催延期!

Posted by JS at 20:00 / Category: 【格】その他の格闘技 / 0 TrackBack

9.1武道館「猪木vsアリ30周年記念」格闘技イベントが延期(スポーツナビ)

 まぁ予想通りというか、何というか9・1『INOKI GENOME~格闘技世界一決定戦2006~』が延期になった。中止ではなく、あくまでも延期なわけだが、猪木はその理由を「(開催を)発表したあと反響が大きくなってきて、準備をするのに時間がない。思いつきのような話だけど、せっかくやるなら主旨をハッキリさせたほうがいい」と語りっているらしい。
 いや、そういう問題か?と言いたくもなるが、いまだに出場選手も発表ない状況なのに、10月初旬開催を予定して仕切り直すそうだ。聞くところによると、猪木の関係者のあいだでは「新日本勢は出られるだろう」とか「魔裟斗は出られないのか?」といった話が出ているそうだ。そんな話を聞くとますます大丈夫か?という気にもなる。
 事実上のイベント主催者は新日本プロレスだが、ただでさえレスナー問題でイメージダウンしている時期に、イノキゲノムなんかに関わりたくないというのが正直なところだろう(とくに親会社のユークスは、「そんなよく分からないイベントに金なんぞ出せるか!」と思っているだろうな)。しかし悲しいかな猪木は新日本の創始者であり、サイモン社長にとって猪木は義父なわけで、無視することはできない。やっぱり新日本はどこまでいっても“猪木離れ”ができず、振り回されっぱなしなのね……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif