プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年09月08日

PRIDEが渋谷109前で公開会見! しかし大パニックで会見は中止!

Posted by TEAM-angle at 19:55 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 1 TrackBack

060908_PRIDE-1.jpg 8日の夕方、渋谷109前で『PRIDE無差別級GP2006決勝戦』(10日、さいたまスーパーアリーナ)に出場するノゲイラ、ミルコ、ジョシュ、シウバが出席しての緊急公開記者会見が行われたのだが、週末の帰宅ラッシュ時ということもあって、ただでさえ人の多い109前は通行人と見物人が入り乱れての大パニックになってしまった。
 会見の冒頭ではリングアナのレニー・ハートさんが見物人の名前を聞き、得意の巻き舌でコールするなんていうファンには堪らないサービスをしていたのだが、司会者の方が再三「これ以上騒ぎになると警察から止めろと言われてしまいます」とアナウンスするものの、集まった人たちは暑さも手伝って、とてもじゃないが、大人しくなるような状況ではない。

060908_PRIDE-2.jpg 周りでスタッフが慌ただしくやり取りしている中、4選手+榊原代表&高田統括本部長が急いでステージに上がったのだが、高田本部長が「30分か1時間くらいやる予定だったが、早めに終わりにします」と言うと、「え~」という声と共にパニック状態に拍車がかかってしまった。もう、皆一斉にケータイを掲げて何とか写真を撮ろうする。結局、4選手は無差別級GPに向けた抱負やファンへのメッセージを送るどころか、ひと言も発することなく、会見は中止! 選手は即座に退場してしまった。
 ちなみに、4選手が登場したシーンで一番ファンの声援が多かったのはシウバ。やはりあの“顔”のインパクトは強いのか、はたまた数々の名勝負が印象深いのか、それとも無差別級GPの中で唯一勝ちに凝っているミドル級だからなのかは分からないが、“シウバと109”って何かスゴイ組み合わせだな……
 109の前では、たまにアーティストがゲリラライブをやったりすることがあるが、まともにイベントを進行することができなくて、中止になったというのは、そうあることじゃない。そういう意味では、PRIDE人気はスゴイな。地上波中継がなくなってピンチに立たされたPRIDEだが、これだけファンの熱気と後押しがあれば、まだまだ大丈夫なんじゃないだろうか。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif