プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年09月11日

クールなミルコが無差別級GPを制して男泣き! ジョシュは舞台裏で一礼

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 0 TrackBack

060910_PRIDE-GP-1.jpg 10日、さいたまスーパーアリーナで開催された『PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦』。4万7410人(満員=主催者発表)の観客を集めたこの大会。前日会見で榊原代表が「ファンからフジテレビがいなくなってクオリティが下がったんじゃないかとか、いろいろな意見や声をいただいたが、とにかく明日のイベントを見てください! 選手たちも最高のレベルを作ってくれたが、僕らも必死にやった」と語るだけあって、試合前の煽りVTRは前回大会に比べれば、かなりクオリティが上がっているように感じた。
 ファンの熱気も凄かった。地上波のテレビでは見られなくなったこともあり、高額なチケットを買って会場にまで見に来るファンは、以前より“熱いファン”が増えたようにも思える。そんなPRIDEならではといった会場の雰囲気の中、無差別級GPを制したのは“無冠の帝王”ミルコだった。
 大会前には一部で「ミルコはGPに出ないのでは?」という噂もあった。今回のGPに勝ち残っていた4選手の中では、来日してきたのも一番遅かったし、前日会見への出席もキャンセルした。どうもミルコから“冷めた”雰囲気を感じていた矢先、いつも土壇場で勝利に見放されてきたミルコが、ついにGPを制して念願のベルトを腰に巻いた。そして、そんなミルコが目から涙を流し、チームメイトと抱き合ったのだから、ちょっと感慨深い。

060910_PRIDE-GP-2.jpg 表彰式の際は、この日が32歳の誕生日だったミルコに対し、『ハッピーバースデー』の曲が流れるなど、“サプライズ”的な演出まであり、高田統括本部長と榊原代表も目一杯祝福していたが、インタビュースペースに現れたミルコは、すでに“いつも”のミルコに戻っていた。優勝したことに興奮や感動している様子もあまり感じられず、いたって冷静そのもの。途中、ケータイで話をしたり、ケータイメールを打っていたり(左の写真)、そんなマイペースなところも、いつものミルコ通りだった。
 ジョシュに関しては「3回も対戦したのだから、もう対戦しなくてもいいだろう。彼とはウマも合うし、クロアチアに来て一緒に練習しようと言ったよ」と、何となく“新しい友達ができた”感じで話したミルコだが、リング上で流した涙について訪ねられると、「私も人間なのだから、涙ぐらい流すさ」と、いかにもミルコらしい回答。
 そんなクールなミルコだが、やはり気になるのは今後だ。GP優勝=ベルトを巻くという1つの目標は達成された。「宿敵ヒョードルを倒してヘビー級のベルトを巻く」という目標も、これで射程距離内だろう。実際、インタビュースペースでもヒョードルに関して、「今日GPに出た4人の中に、例えヒョードルがいても今日の私なら勝てていた気がする」とまで言っており、自信は満々だ。
 この一戦は恐らく大晦日の『男祭り』で実現すると思うのだが、問題はその前のアメリカ大会に出るのか? はたまたPRIDEの看板を背負ってUFC勢と闘ったりするのか? 目標を達成したあともPRIDEで闘い続けるのか? といったようなことも気になるのだ。

060910_PRIDE-GP-3.jpg ミルコのクールっぷりと対照的なのがジョシュだ。ジョシュの場合、今まではプロレスファンを中心にマニアックな人気こそあったが、このGPでようやくPRIDEのリングで本領も発揮できるようになり、完全にブレイクした感じ。
 『北斗の拳』の曲で入ってきて、マイクを持つと日本語で話し、試合もスリリング。これだけあれば、ジョシュのUFC時代や新日本時代、さらにUWFやアニメおたくということをよく知らないファンでも、十分ジョシュを応援できるだろう。決勝でもジョシュへの声援はかなり多かった。
 それに予告していたジャーマンや北斗ボムこそ出せなかったが、“柔術マジシャン”のノゲイラ相手にヒザ十字を極めたのだから流石だ。ジョシュ自信、ヒザ十字は相当手応えがあったようで、「ノゲイラも悲鳴みたいなものを上げていたし、レフェリーがストップしたから決まったと思ったら、1R終了のゴングだった」と語っていた。結果的にはミルコに3連敗となったが、ハントとノゲイラに勝ったのは値千金だし、榊原代表も「ミルコに3連敗というのは大きな問題じゃない。ミルコとベストな状態でキチンと試合ができたのは、今回が初めてと言ってもいい」と語っていた。
060910_PRIDE-GP-4.jpg 顔中アザだらけになって何とも痛々しい姿でインタビュースペースに現れたジョシュだが、通訳の女性がジョシュの言葉をすべて訳している姿を見て、「スゴイねー、ナガイのにー」と感心してみせるのだから面白い。ところが、そんなジョシュがインタビューを終えた直後、報道陣に向かってポツリと「ヨロシクオネガイシマス」と言うと、なぜか数秒間深々と頭を下げてからインタビュースペースを出ていった。
 ファンの期待に応えられなかった悔しさなのか? 優勝者としてインタビューを受けたかったのか? PRIDEに来てようやく大仕事をやってのけた充実感の現れなのか? その辺は分からないが、個人的にはこの一礼がやけに印象深かった。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif