プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年09月25日

一度は断りながらも、金子戦を受けた所。前田SVはこの一戦に何を思う……

Posted by TEAM-angle at 14:03 / Category: 【格】HERO'S(ROMANEX) / 0 TrackBack

060925_HEROS-1.jpg 25日、都内のホテルで『HERO'S 2006 ミドル級&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦』(10月9日、横浜アリーナ)に関する記者会見が行われ、先日の会見でHERO'S参戦を発表した金子賢の対戦相手が、所英男に決定したことが発表された。会見の詳細はバトル三昧をご覧下さい。
 金子は対戦したい選手を聞かれ、所の名前も挙げていたし、谷川FEG代表も「HERO'Sらしい相手にしたい」と語っていたが、その言葉通りに金子vs所という注目の日本人対決が、いきなり実現することになった。とはいえ、ただでさえ最近黒星が続いている上、ライト級トーナメントのリザーバーになったにも関わらず、敗退したことで批判的な意見も出ている状況の所としては、今回が格闘家としてまだ2戦目の金子相手に負けが許されないのは勿論、試合内容でも圧勝が義務づけられる。かなりプレッシャーがかかるというか、ハッキリ言って嫌な一戦だろう。
 それだけに今までは来たオファーは必ずOKしていた所が、今回一度はオファーを断ったという。しかし、金子が約1年間、本気で格闘技のトレーニングに没頭してきたことを聞いて対戦を受諾。「大変なのは今日からだと思う。ぶっ潰すというようなことは僕にはできないけど、巧さとか経験の差を見せつけたい」と、プレッシャーを十分に感じながらも、プロの格闘家としてキッチリ勝負する覚悟を決めたようだ。

060925_HEROS-2.jpg 「ただガムシャラに来られたほうがやりにくい。変に技術を覚えてきたくらいのほうが、やりやすい。胸を貸すというよりかは、どんどんスカしていきたいですね」と語る所に対し、金子は現在毎日のように練習をしている桜庭や、シルバーウルフで練習しているときに魔裟斗がいた場合などに、すでに対所戦用のアドバイスをもらっているとのこと。桜庭&魔裟斗という強力コーチ直伝の対策と、チャレンジャーらしいガムシャラさを全面に出していけば、所にとってはかなりやりにくい相手となるだろう。
 ちなみに谷川代表は「今回の件で僕は前田(日明)さんとは話してないです。たぶん反対させてると思ったんで……(苦笑)」とのこと。前田スーパーバイザーには所が直接金子戦が決まったことを報告に行ったそうだが、前田からどんなことを言われたのか訪ねられると、「ここでは言いにくいことなので……。まぁいろいろとアドバイスはいただいています」と口ごもった。
 前田スーパーバイザーとしては、愛弟子がタレントとやらされるのは屈辱なのかもしれないが、金子は金子で本気に格闘技に取り組み、ましてや桜庭や魔裟斗が直接指導し、宇野らの後押しもあってHERO'S参戦が決まったことを考えると、「所をタレントなんかとやらせるな!」と言いにくい部分もあるだろう。前田スーパーバイザーが前日会見や、全試合終了後の大会総括で、所vs金子戦に関してどう語るのかも楽しみだ。

 なお、当初参戦予定だった曙は調整が間に合わなかったため、今大会は欠場。さらに9・30『K-1 WORLD GP開幕戦』に出場予定のピーター・アーツがウイルス性の病気にかかり、開幕戦出場が微妙な状況にあることも明かされた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif