プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年10月13日

大晦日興行戦争に、今年はプロレス界からも『インディー・サミット』が参戦!

大みそか“聖地”でインディー・サミット開催(スポーツナビ)

061013_IndeSummit.jpg 昨年12月に第1回大会が開催されたインディーのオールスター戦『インディー・サミット』。その後もお台場でのWRESTLE EXPOやGPWA(グローバル・レスリング連盟)、さらには草間プロレス経営塾と、とくにインディー団体は“横のつながり”を活かした活動が目立っていたが、今年もインディー・サミットが行われることになった。しかも、何と大晦日開催!
 大晦日といえば近年は格闘技イベントの興行戦争が恒例化している。地上波テレビ放送も巻き込んで、“事件”になるほど白熱化。その一方で、プロレス界はというと、いくつかのインディー団体がカウントダウン興行を開催することはあったが、完全に蚊帳の外状態だった。しかし今年、ついに格闘技イベントに真っ向から勝負を挑むような(会場やイベント自体の大きさは別にして)大々的なイベントが開催されることになった! それが新日本やノアといったメジャーではなく、インディーのオールスター『インディー・サミット』というのがまた興味深い! しかも同大会では野球殿堂のプロレス版“プロレス・アワード”も開催されるとのこと。まさに2006年激動のプロレス界をインディー団体が、聖地・後楽園で締めるわけだ。
 今年の大晦日は大阪とTBSでK-1『Dynamite!!』、埼玉でPRIDE『男祭り』、そして後楽園ホールで『インディー・サミット』が開催されるわけだ。さて、皆さんはどれを見ますか?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif