プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年12月15日

イ・ビョンホンとは親友の元砲丸投げ選手が、武蔵相手にK-1デビュー!

Posted by TEAM-angle at 19:35 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

061215_Dynamite-1.jpg 15日、都内のホテルで『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』(31日、京セラドーム大阪)に関する記者会見が行われた。会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルでお伝えしているので、そちらをご覧下さい。
 今年のK-1ヘビー級戦線で1勝もできず、崖っぷち状態にある武蔵の参戦が決定。今月2日のK-1 WGPでのリザーブ戦でアーツにKOされたダメージも心配されたが、問題ないとのこと。武蔵は過去2年、Dynamite!!では勝利しており、相性のいい大会に出場して会心の勝利を飾って来年につなげたいところ。
 そんな武蔵の相手に決まったのが、今年6月にK-1転向を発表した元砲丸投げ選手のランディ・キム。ランディは“韓国の室伏”と呼ばれるほどの選手だったが、エージェントからK-1の話を聞かされて転向を決意。大阪の正道会館で金泰泳から徹底的にコーチされ、さらにチェ・ホンマンとも一緒に練習を積んだ結果、128kgあった体重が113kgまで絞れたそうだ。

061215_Dynamite-2.jpg ちなみにアンディは、韓流スターのイ・ビョンホンさんとは兄弟のように仲が良いそうで、会見でもイ・ビョンホンさんからの激励VTRが流された。
 谷川イベント・プロデューサーも「プロデューサーの立場からしても、ぜひイ・ビョンホンさんには会場に来ていただきたい。そうなったら観客の年齢層も上がってしまうかもしれないけど(苦笑)。大晦日はちょっと無理かもしれないけど、来年の韓国大会には絶対来てくれると思いますよ」と、ホクホク顔。
 一部では「アンディとビョンホンは従兄弟」とも言われたが、どうやら血縁関係はなく、まるで兄弟のように仲がいいと言うことのようだ。なお武蔵は「僕も猫ひろしと親戚ですから。血縁関係はないけど」と変な対抗心を燃やしていた。

061215_Dynamite-3.jpg 谷川EPは「日本人選手がなかなか育たないので、アジア全体で考えればアンディは“ポスト武蔵”になれる逸材。デビュー戦でいきなり強い選手を当てるのは、佐竹選手や武蔵選手もそうだったし、伝統のようなもの。武蔵選手にとっては絶対に負けられない。崖っぷちですから、この試合を落としたら大変なことになる」と語った。
 武蔵は今年結果が出せなかった原因として「人から言われてスタイルチェンジしたり、倒しにいくことを意識したりと、自分らしくないスタイルで試合をしてしまった」と分析。この試合からは本来の自分のスタイルに戻し、堅く勝ちにこだわるとのこと。
 アンディは「ムサシ選手は実績のある素晴らしい選手だが、私が勝つ可能性だってあるはず。単純にパンチ力だけならほかの選手には負けない」と砲丸投げで培ったパワーを活かして、いきなりの大物食いを狙う。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif