プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年12月18日

須藤元気が“すごい覚悟を持って”Dynamite!!に参戦することを発表!

Posted by TEAM-angle at 18:17 / Category: 【格】Dynamite!! / 0 TrackBack

061218_Genki-1.jpg 18日の16時から生放送された「Yahoo!ライブトーク」の中で、須藤元気が『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』(31日、京セラドーム大阪)に出場することが発表された。トークライブと終了後の囲み会見の詳細はナイガイモバイル☆バトルでお伝えしているので、そちらをご覧下さい。
 トークライブの前半は既に発表されているDynamite!!の各カードに関して、見所やポイントを語っていた須藤だったが、終盤で谷川EPが須藤vsジャクソン・ページが決まったことを発表。首のケガのため出場が危ぶまれていた須藤だが、須藤曰く「谷川マジックにハマってしまった」結果、16日の夜にDynamite!!参戦が正式決定。その際、谷川EPが「月曜日にトークライブがあるんだから、そこで発表しましょうよぉ」と言って口説いたらしく、こういうカタチでの発表になったそうだ。

061218_Genki-2.jpg トークライブ冒頭で「須藤選手にとってDynamite!!とは?」と振られた須藤は、「選手として“プライド”を持って、“男”の“祭り”な感じ」と答え、思わず谷川EPが「嫌なフレーズだなぁ」と苦笑い。
 その後も一部で報道された曙vsカイヤの話が出ると、谷川EPが「僕は知らないですよ~」と慌てているのに対し、「僕は興味あるなぁ。嫌いじゃないです」と語ってみせたり、「谷川さんにも(入場時の)ダンサーとして出て欲しいとオファーしたんですけど、断られました」とか「谷川さんがDynamite!!に出たら一番視聴率が取れる!」など、再三“谷川いじり”を仕掛けていった須藤に対し、谷川EPは「須藤選手はK-1 LOVEですから!」を言い張るのが精一杯。
 そんな須藤が、トークライブ終了後に「この試合のテーマは自分の中で、三次元から四次元に放出するような“次元上昇”ですね」と語ると、横で聞いていた谷川EPは「ふ~ん」とひと言。すかさず須藤は「いま流したでしょ! 僕、谷川さんが流すの分かるんですよ!」と突っ込んだが、谷川EPは「難し過ぎて分からないなぁ」と笑うだけ。これぞ谷川いじりに対する谷川EP流のお返しか?

061218_Genki-3.jpg また、トークライブ終盤でカードを発表した谷川EPが、突如「本当は言えないですけど、須藤選手はすごい覚悟を持って、今度の試合に挑むんですよ。すごい期するものがあるみたいなんですよ。元気ファンだったら絶対に見に来ないといけない!」と気になる発言。須藤は「バックパッカーをやろうかなと」と言ってお茶を濁したが、放送を見ていたファンはさぞかし気になったことだろう。トークライブ終了後、マスコミ陣も当然そこを突っ込んだ。
 すると谷川EPは「あれはノリで言ってしまいました」と答え、須藤も「煽りでそう言ったほうがいいんじゃないかと(笑)。僕は常に腹を決めてやっているので、しっかり勝ってバックパッカーをやりたいなと。世界を回らないと世界は語れないなと思いまして。エーテル体ではよく行くんですけど、肉体を運んだほうがいいと気付きまして……」と、“元気節”で煙に巻いた。
 気になる須藤の首の状態だが、現在も読書したり瞑想するときにまだ手が痺れる状態で、連日整体や針などで治療をしながら、数週間前からようやく総合の練習を始めたそうだ。それでも本人は「出るからには中途半端なカタチではなく、ケガを意識させない動きで一本勝ちします。痺れは出るが、(練習は)騙し騙しでもできているので、当日もなるべく痛み止め注射を打たないようにしたい」と語った。
 所戦こそ流れたものの、結果的には首に爆弾を抱えたまま総合の試合に出ることを決めた須藤。この辺が“すごい覚悟”に繋がっていくのかもしれない……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif