プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2006年12月20日

カンニングの中島忠幸さん死去。キレた竹山を止める人がいなくなってしまった

Posted by JS at 21:52 / Category: ニュース / 0 TrackBack

お笑い、カンニングの中島忠幸さん死去(日刊スポーツ)

 最近、芸人さんが亡くなられるニュースがちょっと続いていたが、カンニングの中島さんが亡くなられるというニュースが……。
 カンニングは竹山のキレ芸と、それをなだめる中島さん、そしてどちらも中野でバイトをしながら芸人をやっていて、なかなか売れないというのが最初の印象だった。昨今のお笑いブームに乗って、カンニングもドンドン売れていったが、ある日レギュラー番組の『虎の門』に出演していた中島さんの顔色が異常に悪い日があった。
 テレビ画面越しでも中島さんの顔色が真っ白なのが分かるほどで、共演者からも「顔色が悪いよ!」と突っ込まれていたが、中島さん本人は「大丈夫です!」と気丈に振る舞っていたのをいまでも覚えている。その後、中島さんは急性リンパ球性白血病で入院。ようやく花が開いた矢先に相方が入院というピンチに立たされたカンニング。とくにカンニングのネタは竹山がキレて、暴走する竹山を相方が止めることで成立するものが多かったので、どうなることかと思ったが、竹山は“ピン芸人”としても群雄割拠の芸能界で、現在でもしっかりと活躍している。
 私はそんなカンニングのファンでもあるが、ピンになっても芸名に「カンニング」の文字を残している竹山に、相方への思いをすごく感じた。中島さんもその後「退院した」「回復している」などの報道があり、竹山もレギュラーのラジオ番組で「中島は順調に回復してますよ。来年はこのラジオにもゲストに呼ぼうかな」などと言っていたので、すっかり安心していただけに、この訃報はショックだ……。お笑い番組が激増する年末年始の時期に悲しい知らせとなったが、カンニング竹山には今後も芸人として頑張ってほしい! カンニング中島さんのご冥福をお祈りします。

個性派女優の岸田今日子さん死去(日刊スポーツ)
前都知事の青島幸男さん死去(日刊スポーツ)

 今日は何だか訃報が相次いだ。個人的にはとんねるずのコントで「やっぱり朝はシナモンティーね」と言っていた岸田今日子さんと、意地悪ばあさんの青島幸男さんというイメージが強い。お二人のご冥福をお祈りします。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif