プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月05日

新日本が社運を賭けて挑んだ1・4東京ドーム大会に、破壊王が力を貸した!?

Posted by TEAM-angle at 03:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 4日、東京ドームで行われた新日本プロレス『レッスルキングダムIN東京ドーム』。今大会から新日本のビッグマッチの試合詳細もお伝えすることになったバトル三昧では、地上波中継ではカットされた部分や今日の放送では流れなかった試合、さらに試合後の選手のコメントまで詳しくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 地上波中継では中邑vs川田、棚橋vsケアのIWGP戦、鈴木vs永田の三冠戦、メインの武藤&蝶野vsテンコジの4試合が多少カットされて放送された。メインの試合前に流れたVTRでは、武藤が「橋本はもういないんだから手助けは求めない。あえて出したくない」と言っていたが、何とこれは“前フリ”だった! 試合終盤、テンコジの勢いにやや押されていた武藤がケサ斬りチョップからジャンピングDDTを見舞うと、続けざまに蝶野もケサ斬りチョップからDDT! この辺の騙し討ち(テンコジに対してというよりはファンに対して)は、いかにもベテランらしい。
 さらに試合後も、2人で鉢巻きを締め、『爆勝宣言』が流れる中、橋本の姿が映し出されたビジョンの前でキメポーズ。そして天を仰いでから握手をすると、お互いに別々の方向に帰っていったのだから、ニクイ演出だ。やるという話が持ち上がりながらも、結局実現できなかった橋本さんの追悼興行。それを復活した東京ドーム大会で、武藤と蝶野がこういうカタチで実現したと見ていいだろう。

 結果的に見てしまえば、武藤&蝶野がテンコジに完勝するというのは時代と逆行している。ノアで三沢が丸藤に勝ったのと同様、またもこの世代がトップを張るというのはプロレス界にとってはどうなのだろうか? しかし、橋本さんを出されては、感動でそんなことはどうでもよくなってしまったが……。
 そのほかの試合では鈴木vs永田の三冠戦も棚橋vsケアのIWGP戦も王座の移動はなし。とはいえ、どちらもそれなりに見応えのある試合だった。しかし、やはり東京ドームという会場はプロレスを見るのに向いていない。リングから遠い客席からでは、試合の激しさがイマイチ伝わってこないのだ。
 唯一永田が鈴木に腕固めを決め、“キラー永田”の白目を剥いた表情がビジョンにアップになった際は、会場がどっと沸いたが、やはりプロレスはビジョンを見るよりも直にリング上を見たほうがいい。
 その点、新日本と全日本のジュニア戦士による5vs5マッチは、入場のときから華やかでドーム向きだった。中でも近々IWGPJr戦をやりそうな気配の稔とカズの絡みは、一番ヒートしていた。

 新日本プロレスが社運を賭けて挑んだ1・4ドーム大会だが、チケット料金を大幅に値下げしたのと、2階席を開放していなかったこともあって、1階席やアリーナ席はほとんど埋まっていたし、ブーイングが起こるような試合もとくになかった。とはいえ、これで「新日本、完全復活!」と太鼓判が押せるほどではない。メインの試合前のVTRでは、新日本vsUインターでの武藤vs高田の映像が流され、「あの頃の興奮が蘇る」と煽っていたが、残念ながらあの頃と同じくらいお客さんが熱狂したかというと、それにはまだほど遠い。
 中邑に勝利した川田が「お前、新日本を潰すなよ!」とマイクで言っていたが、その言葉通りにドーム大会が失敗しなかったとはいえ、まだ新日本は潰れるか潰れないかの瀬戸際にいると思ったほうがいいだろう。このドーム大会を機に、完全復活まで持っていけるか、はたまたこれがラストドームになってしまうのか……ここからが本当の勝負だろう。
 なお、バトル三昧では新日本の1月7日&8日の後楽園ホール大会2連載を全試合リポートいたしますので、お楽しみに!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif