プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月09日

新日本ファン感謝dayでハルクとミラノがタッグを組み、永田サンが踊った!

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 8日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『BATTLE HALL LIVE EXTRA☆ファン感謝day☆』。この大会の模様はバトル三昧で詳しくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 試合前に7日の試合でIWGPジュニア王者の稔からピンフォール勝ちを収めた田口が、その試合で目を負傷(眼窩底骨折の疑い)により欠場することが発表された。そのため、カードが一部変更されたのだが(当初5試合の予定が4試合に)、何とドラゲー所属選手でこの日特別参戦したB×Bハルクが、ドラゲーを退団して現在フリーとして新日本に参戦しているミラノとタッグを組むという、ちょっとしたサプライズが実現! そこに黒いライオンというか、狼のようなマスク&コスチューム姿の中西を加えた異色トリオが、長州&タイガーマスク&赤ライガーという、こちらも負けず劣らずの異色トリオと対戦するというカードが実現(当初発表されていたのは、ハルク&ライガーvs田口&内藤と長州&タイガーvsミラノ&中西)。

 7日の望月&フジイに続き、ドラゲーから参戦したハルクだが、周りをかなり濃いメンバーに取り囲まれたにもかかわらず、試合前のダンスやキレのある動きで存在感を十分アピール。新日本ジュニア勢に比べると、多少軽さはあるものの新鮮味は抜群だった。

 また、ファン感謝dayということで、第2部では様々なイベントが開催された。まずはライガー&稔&邪道&外道&デヴィットのCTU+蝶野&中邑&ミラノの“ブラック軍トークショー”。ここで蝶野は「今年は新しいことをやろうと思う。3月10日に幕張でプロモーターとして大会をやることになりました」と発表。その他にもミラノやライガーが思わぬ問題発言をしたのだが、発言の内容はバトル三昧でご確認ください!
 このほかには新日本本隊が参加してのリングアナ体験コーナーやタグダンスコンテストが開催された。タグダンスコンテストでは、嫌がる前フリをしておきながら、いざ曲がかかるとノリノリでタグダンスを披露する永田サンの姿も見られた。
 最後は今年選手会長に就任した棚橋が挨拶。新日本は翌9日から休みに入るが、この時期は毎年大荒れとなる契約更改が控えている。復活したドーム大会は何とか成功し、後楽園ホール2連戦には熱心な新日本ファンが駆けつけていた。2月の両国大会に向け、2007年の新日本はどうなっていくのだろうか?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif