プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月10日

タッチスクリーンiPod+携帯電話=iPhone登場! アジアでは2008年発売

Posted by JS at 04:23 / Category: Mac・iPod / 0 TrackBack

iPhone.jpg サンフランシスコで1月9日(現地時間)から開催されたMacworld Expoで、数日前から噂されていた「iPhone」が正式に発表になった。
 iPhoneはiPod+携帯電話+インターネットコミュニケーターが合体したような製品。3.5インチスクリーンを搭載しており、マルチタッチ認識。前面にはホームボタンのみしかなく、ランドスケープモード(横)とポートレートモード(縦)は加速度センサで自動認識し、静止画も動画も見やすそう。
 携帯電話としてはGSM+EDGEで、2メガピクセルカメラを搭載。近接センサーを搭載していて、耳につけるとディスプレイと音がオフになる。画面下部の電話ボタンを押すと、画面がDashboardが出てくるように変化し、携帯電話のように使える。ジョブズCEO曰く「iPod+携帯電話ではなく、携帯電話を再発明した」とのこと。
 さらにスピーカーを内蔵し、WiFi+Bluetooth 2.0を搭載。サイズは縦115mm、横61mm、厚さ11.6mm。OSには「OS X」が採用されており、Mail、Safari、Google Mapsなどが動く。4GBモデル(499ドル)と8GBモデル(599ドル)が用意されている。

 ジャンルとしてはいわゆるスマートフォンだが、無数のボタンのようなキーボードがないせいか“いかにもスマートフォン”って感じはせず、もっと柔らかいというか、パッと見すごくシンプルなのがいかにもAppleらしい。iPodにいずれ搭載されるだろうと言われていた、タッチスクリーンと無線LANとBluetoothと携帯電話機能がいっぺんに搭載された上に、OS Xが乗っていてメールやSafari、Google Mapsまで動くのだからかなり魅力的だ。
 果たして日本でも発売されるのだろうか? しかもちゃんと携帯電話として使える状態で(GSM/EDGE対応なので、そのままでは日本では使えない。日本でも携帯電話として使えるようになるなら、日本仕様にカスタマイズされるか、3G版が登場してからになるだろう)。そうなると日本のどこかの携帯電話会社と提携することになると思うのだが、DoCoMo、au、ソフトバンクのどこになるんだろうか? ナンバーポータビリティもあるし、もしiPhoneが発売できるのなら、その携帯電話会社にとってはキラー機種になりそうな気もするのだが、ウィルコムって線もあるなぁ。ちなみにiPhoneはアメリカでは6月発売で、アジアでは2008年発売予定とのこと。最低でも1年先かぁ……
 それならば、いっそのことタッチスクリーン式の新型iPodとして出してくれてもなかなか魅力的だし、ソニーの『mylo』のように、携帯電話の部分は省き、無線LANを利用してネットブラウスやメール、Skype、チャットなどが楽しめる上、静止画や動画の再生ができるインターネットコミュニケーター+iPodのように使う製品としてもかなり魅力的! それだけでも十分欲しい!

 なお、AppleはApple Computer, Inc.からApple Inc.に社名変更したとのこと。もうパソコンの会社というイメージは薄く、すっかり「iPodの会社」って感じだけど、OS XやiPhoneでますますマルチなイメージの会社になりましたな。
 また、日本でもiTunesコンテンツをテレビで楽しむことが出来るiTV改め「Apple TV」や、次世代のIEEE 802.11nワイヤレステクノロジーを採用した新しい「AirMa Extreme」が新商品として発表になっている。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif