プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月25日

モッチープロデュースの武勇伝は、バチバチファイトからR指定のカラミまで

Posted by TEAM-angle at 23:55 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

 25日、後楽園ホールで行われたドラゴンゲート特別興行『武勇伝』。大会のオープニングで「スト市ボンバイエに負けない!」と宣言したのは、この大会をプロデュースした望月成晃。ドラゲーのほか、DDTやアパッチ、海援隊☆DX、ZERO1・MAX勢も出場したこの大会の詳細は、バトル三昧でお伝えしているので、ぜひそちらをご覧下さい。
 メインは昨年のCTU興行で再結成された望月&稔の“B's”vs日本プロレス界が誇る名タッグチームの日高&藤田。稔vs日高という元バトラーツ同士の絡みもありながら、藤田が望月をガンガン追い込んでいく。さすがとも言える好連携を見せた日高&藤田は、終盤藤田が望月をBONE YARDに捕らえ、日高が稔をショーン・キャプチャーに捕らえてみせたが、最後は切り返しの応酬の末、望月が真・最強ハイキックを叩き込んで藤田から3カウントを奪った。
 試合後、望月は「いつになるか分からないけど」と前置きしながらも、いつの日かZERO1・MAXにも参戦することを約束。さらに稔も「俺と望月さんはデビューが3日違いで、今月はデビュー13周年記念なんで」と言い、B'sとしてIWGPジュニアタッグ挑戦やワイルドチャイルド(中西&大森)との対戦をブチ上げた。

 このほかにも、第1試合で当初出場予定だった飯伏に代わって、マッスル・アウトローズと対戦した柿本は、「土井と顔が似ている」という意外な共通点を活かして大活躍! 思わずGammaが柿本と間違えて(?)土井ちゃんを攻撃してしまうほど似ている両者は、試合後にシングルマッチでの決着をお互いに主張! さらに柿本は「お前のシングルのベルトに挑戦させろ!」と叫んだのだが、土井が持っているベルトは6人タッグのもの。思わぬ大チョンボをしてしまった柿本だが、イイ味出しまくりだ。
 最近仲違いが見られる斎了&堀口のDoFIXERは、この日の試合でも不協和音が鳴り響き、最後はK-DOJOの反則暴走に辛くも勝利したが、試合後はリンチを受ける堀口を斎了が置いて帰ってしまった。キッドも復帰に向けてトレーニングを始めたが、DoFIXERは今後どうなっていくのだろうか……
 昨年末から抗争が続いているフジイと黒田。この日もリングサイドを陣取って応援ボードを掲げる“黒田ファンのオバチャン”を交えて、激しくやり合う両者。試合後、フジイはアパッチやリキプロのリングに乗り込んででも決着をつけることを宣言。「タニマチのオバチャンも連れてこい!」と言うと、黒田は「決着はつけてやるが、もう(オバチャンは)いじらないでくれ。結構やりずらいんだよ」と本音ポロリ。
 CIMAはハルク&サイダルとのタッグで、東郷&テイオー&TAKAの海援隊☆DXと激突。熱戦の末、最後はハルクがテイオーのミラクルエクスタシー→東郷のダイビング・セントーンのフルコースに敗れたが、CIMAは「アホのテイオー! 今日は3vs3でやったが、今度はシングルでやってやる! TAKAと東郷には負けてもいいけど、テイオー、お前だけには絶対に負けないからな!」と、テイオーを執拗なまでに挑発していった。

070125_dieno.jpg この日の興行で、ある意味“凄まじさ”ではナンバー1だったのが、第3試合の戸澤塾vs男塾。戸澤の相手は「X」となっていたが、男塾として姿を現したのは、男色ディーノ! 今月3日の『マッスル』で正月休みに食っちゃ寝していたため、バッファローマンになってしまった坂井と共にブレザー姿で入場したディーノは、「試合前にこの試合はR指定」と宣言していただけあって、テレビではとてもOAできそうにない危険かつ濃厚な“カラミ”を見せた。
 戸澤もディーノの攻撃に触発され、ボンタンを脱ぎ捨て赤フン姿になったり、掟破りの逆男色ナイトメアーを繰り出すのなど新境地へ! ロープ際でお互いが入れ代わり立ち代わり立ち○ックの応酬をするシーンには、思わず松井レフェリーやセコンドの坂井と岩佐が顔を覆うほど強烈。
 最後はアンダータイツも脱ぎ捨て、Tバックの中に戸澤の顔を入れた強烈過ぎる男色ドライバーで戸澤が昇天し、ディーノが勝利。勝ったディーノはそのままリング上で戸澤に濃厚なキスをしながら体を絡め合い、最後は腕枕で咥えタバコという“行為のあと”までやってのける始末。それを見ながら坂井と岩佐は、この日が初対面にも関わらず、いきなり戸澤塾vs男塾という抗争をでっち上げられたことをカミングアウト! それでも、なぜか友情が芽生えたという両者は泣きながら(?)抱き合い、「大人たちが作ったルールなんかに乗らずのやっていきましょう!」と叫び合った。
 ちなみに戸澤とディーノは全試合終了後、お互い腰に白いタオルを巻いて、手をつなぎながらリング上に登場。戸澤塾vs男塾のR指定抗争は、この先も続いていくのだろうか……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif