プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月28日

ディーノがアメリカで“ひと皮剥けて”からHARASHIMAに挑戦することを宣言!

Posted by TEAM-angle at 23:42 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

070128_DDT-1.jpg 28日、後楽園ホールで行われたDDT『Dramatic Rumble 2007』。この大会の模様は全試合写真付きで、バトル三昧でお伝えしているのでぜひご覧下さい。
 メインはHARASHIMAのKO-D無差別級王座に柿本が挑戦した試合。25日の『武勇伝』に飯伏の代打として出場した柿本だが、その時もドラゲーの土井相手に“顔が似ている”という因縁が生まれたりと最近絶好調! その勢いに乗り、たくさんの声援を浴びた柿本はぶっこ抜きジャーマンやカキチュードでHARASHIMAをガンガン追い込んでいったが、最後は“鍛えている”差でHARASHIMAが山折り→蒼魔刀で勝利。
 試合後、この日の第2試合でマッスル坂井から「アメリカに行って、WWEとかでベルトを獲ってきたくれよ!」とエールを贈られた際、申し訳なさそうに「2ウィーク……」と僅か2週間しかアメリカ遠征に行かないことを明かしたディーノがリング上に。「ベルトは元々アタシのもの」と主張したディーノは、HARASHIMAに対し「アメリカから持って帰ってきたものを全てアタナにぶつける。DDTがDDTらしくあるために、アタシはこれに挑戦する!」と2月の後楽園大会でタイトルに挑戦することを表明!
 鼻息荒く顔を近づけてくるディーノに対し、HARASHIMAも「ドキドキしてるのか?」と、何とも意味深な発言を返し、受けて立つ構えを見せた。ドラゲーの戸澤という新しい恋人を見つけ、2週間のアメリカ遠征を経て、“ひと皮剥けた”ディーノと、現DDTのエースであるHARASHIMAが2月の後楽園大会でどんな試合をするか楽しみだ!

070128_DDT-2.jpg さらにイタリア軍の帰国に伴い、ディック東郷が新たにDDTに送り込んだ刺客がこの日の大会で初登場! その名もアロハ・ワールド・オーダー(略してAWO)! VTRでは「プリンス・カメハメやジェシー・メイビア(※どちらもキン肉マンに出てくる超人!)を輩出したハワイ」と紹介されたが、そのハワイからやって来たのは、東郷の遠い親戚にあたるプリンス・トーゴーと、その父のキング・アラモアナ(推定63歳)、戦いの化身・Koo。その3人をリッキー・スティムボード風に変身したアントーニオ“ザ・ドラゴン”本多が率いるのだ!
 一方AWOを迎え撃つDDT正規軍だが、三四郎はてっきり長井が「X」を連れてくると思っていたら、長井は「そんな話はしらない」と試合前から食い違いが……。その時、控室のロッカーから何と昨年12月29日のDDT後楽園大会でロッカーに閉じこめられた矢郷がようやく発見された! ということで、急遽矢郷が正規軍のXとなったが、1カ月近くロッカーの中に閉じこめられていた矢郷さんは、試合が始まっても起きあがることが出来ず、正規軍の足を引っ張りまくり。そんなこともあって、ハワイ軍は正規軍を圧倒して勝利し、今後はDDTマットにハワイ旋風を巻き起こすことを宣言した。

070128_DDT-3.jpg このほかにも“全身がヌルヌルする”という旬なネタを早速取り入れたマイケル(体がヌルヌルするという理由から、契約更改も進まなかったらしいが)が、なぜかマイケルをアニキと慕う松永と共に、全身をオイルでヌルヌルさせながら、急遽カードを変更して星誕期&鳥羽と対戦。
 「キックボクシングでも相撲でもなく、ヌルヌルこそが最高だ!」と豪語したマイケルは、ヌルヌルを最大限い利用してプロデビュー以降白星街道を突っ走っていた星誕期からピンフォールを奪ってみせた。
 さらにMIKAMIのエクストリーム王座に、全日本プロレス選手会長にして、実はDDTの旗揚げメンバーだったNOSAWA論外が挑戦。MIKAMIwithラダーという2vs1のハンデ戦(?)に大いに苦しんだ論外だが、MIKAMIとラダーを分断したり、ラダーを場外に連れ出し場外戦を展開して後、最後はラダーを奪い取り、ラダーを使った攻撃でMIKAMIを下してみせた。
 また、諸橋兄&高梨vsポイズン&福田のKO-Dタッグ戦では、セコンドの魔蛇美を加えた蛇界の反則攻撃に諸橋が流血するシーンもあったのだが、この行為にリングサイドで観戦していた常連のおばちゃんファンがエキサイト! リングまで詰め寄っていき猛抗議するシーンまで見られたが、慌ててセコンドが制すると自分の席に戻っていったのだが、今度はそのおばちゃんに対してリングサイドの男性客が文句を言い、2人が小競り合いをするシーンも……。こういったシーンはDDTでは珍しいが、それだけ試合がエキサイティングだったのは間違いない!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif