プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年01月31日

新木場1st初登場のCIMAが、ラダー攻撃も初体験! MIKAMIは鼻血ブー!

Posted by TEAM-angle at 23:35 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

070131_DDT-1.jpg 31日、新木場1stRINGでDDTのMIKAMIプロデュース興行『CRUISER'S GAME 5th』が行われた。大会の詳細はナイガイモバイル☆バトルで全試合写真付きでお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 メインはプロデューサーMIKAMIとKO-D無差別級王者のHARASHIMAがタッグを組み、新木場初登場となるドラゲーのCIMAと超神龍のタッグを迎え撃った。CIMAが姿を現した瞬間、新木場に駆けつけたファンからは大声援が飛んだが、それだけプレミアム感のあるシーンだった。しかも試合ではMIKAMIのパートナーである“ラダー”も登場! MIKAMIがラダーに登ると、CIMAがラダーごと押して倒したり、MIKAMIの上にラダーをセットしてその上に長テーブルもセットし、さらにその上からフットスタンプを落とすというハードコア殺法まで披露したCIMA。初めて使ったとは思えないほど、自由自在にラダーを使ってみせたCIMAはさすがだ!
 そんなこんなでMIKAMIは鼻から大流血! しかしCIMAも中国人(?)の超神龍と連携がうまくいかなかったり、HARASHIMAの蒼魔刀をモロに食らって鎖骨を痛めるなど、馴れないリングでの戦いに大苦戦し、結局試合には敗れてしまった。今後、両団体の交流がどうなるかは分からないが、CIMAとHARASHIMAの絡みはもっと見たい。それに飯伏のB×Bイブシも幻に終わっているし、三四郎もB×B三ちゃんになることを熱望している。あと密かに男色シーマも期待しているので、できればまだ続いてほしいところだ。

070131_DDT-2.jpg クルーザー級の選手ばかりが出場する『CRUISER'S GAME』だが、この日は“ジュニア離れをしているパワーを誇る”高岩も出場! しかも高岩は現在GHCジュニアヘビー級王者ということもあり、ベルトを巻いて登場。GHCのベルトを新木場で見るというのも、なかなかのレアケース。DDTの高梨とシングルマッチを行った高岩は、高梨のほとんどの技を真正面から受け止め、実力の差を見せつけていった。しかし高梨も歯を食いしばりながら、懸命に攻撃を見舞っていき大健闘! DDTの高梨、ここり在り!を十分高岩に刻み込んだはずだ。
 最後は餅つき式パワーボム→デスバレーボムという必殺フルコースで完敗を喫したが、試合後には高梨のパートナーである諸橋兄が高岩に詰め寄っていき、一騎打ちをアピール。DDT勢の前に高岩がデーンと立ちはだかるのか?

070131_DDT-3.jpg 広島に本拠地を置くレッスルゲイトの若手エースであるSUSUMU。プロデューサーMIKAMIイチオシの選手ということもあって、シングルマッチで対戦相手は「X」とされていたが、入場してきたのは何とディック東郷!(個人的にXは横須賀享で“ススム対決”になるかと予想していたが……)いきなり大物との対戦となったSUSUMUだが、ヘッドシザースで投げ飛ばしたり、ペディグリーを脱出したり、バズソーキックをかわしてみせるなど、身軽さを武器にして大健闘。最後はレスリングマスターの東郷に、ペディグリー→ダイビング・セントーンという必殺フルコースまで出させたのだから立派なもの。今後は大舞台でも試合を見てみたい選手である。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif