プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年02月07日

K-1が4年に一度の世界的イベント『K-1 WORLD CUP』を2011年開催へ!

Posted by TEAM-angle at 17:57 / Category: 【格】K-1 / 1 TrackBack

070207_K1WGP-1.jpg 7日、お台場のフジテレビで『K-1 WORLD GP 2007』に関する記者会見が行われた。この日の会見では、今年のコンセプト&キャッチフレーズと年間スケジュールのほか、新設されたヘビー級とスーパーヘビー級のタイトルやK-1 JAPAN戦士育成プロジェクトに関しての発表もあったほか、さらに壮大なビッグプロジェクトに関する発表もあった。ナイガイモバイル☆バトルではすべての発表に関して、詳しくかつ分かりやすくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 何と言っても驚いたのが、国別対抗戦『K-1 WORLD CUP』構想の発表だろう。2011年に第1回大会開催を目指して、今年新設されたヘビー級とスーパーヘビー級のタイトルに加えて、近い将来にライトヘビー級、ミドル級、ライト級も設定。それぞれのチャンピオンを世界各国で決めていき、その5階級5選手が“その国の代表”となり、オリンピックやサッカーW杯のように予選を行いながら、4年に一度、予選を勝ち上がった国の選手たちによる国別対抗戦を行おうというもの。
 谷川EPは「例えばだけど、藤本が階級を上げて(日本の)Sヘビー級王者になったとして、同じようにヘビー級が武蔵として、ライトヘビー級が桜庭として、ミドル級が魔裟斗として、ライト級がHIROYA君としたら、この5人が(日本)代表として、例えばオランダ代表と対戦して、3勝したほうが勝ち上がるみたいなことをやりたい」と説明した。そんなドリームチームが実現したら、格闘技ファンには堪らないイベントになりそうだ。

070207_K1WGP-2.jpg 現時点で世界135諸国でテレビ放映されているというK-1だが、このWORLD CUP構想はかなり壮大なスケールだ。それだけに谷川EPは「もうFEGという会社でイベントをプロデュースしてやっていた時代から、(K-1は)もっと公なものにしていかなといけない時期だと思う。FIFAにも負けないような協会みたいなものを作っていきたい。作ってからやっていくのは大変なので、まずは先に世界チャンピオンを決めてから、それぞれの国のチャンピオンを決めていきたい」と語り、まずは3・4横浜大会で行われるシュルトvsセフォーをSヘビー級の王座決定戦として行うことを決定。勝ったほうが初代Sヘビー級王者となる。さらに同じく横浜大会で行われる武蔵vs藤本とルスランvsバダ・ハリの勝者同士が、4・28ハワイ大会で激突し勝者が初代ヘビー級王者となる。上半期で両階級の王者を決めてしまい、世界各国で開催されるWORLD GPシリーズの中で、防衛戦を行いながら権威を上げていったり、システム作りをしていこうというもの。
 さらに谷川EPは「格闘技畑の人間ではなく、公共的な立場で活躍された方にコミッショナーになっていただいて、僕はマッチメークを手伝うとか、事務局として頑張りますよ。そうすることでシステム整備が、もっとキチンとできるようになる。世界中からジャッジを集めて、ライセンスも発行して、桜庭vs秋山問題のような不正があったら処罰をしていくというようなね」と、K-1が世界規模のイベントに発展することで、もう1イベント運営会社であるFEGだけで運営していくことに限界を感じ、その代わり世界規模の“協会”が運営することになれば、システム面でも盤石で世界標準レベルのものがキチンと作られるだろうということ。フジテレビの小林豊スポーツ局長も「フジテレビとしてもこの企画に賛同して、全面的に協力していきたい」と語った。

070207_K1WGP-3.jpg 会見には韓国でのK-1ブームの火付け役でもあるチェ・ホンマンが出席。WORLD CUP構想に関しては「以前からそういうものがあったら面白いと思っていた」と語ったホンマンは、「今年は新しい姿を見せたい。(Sヘビーの)タイトルにもぜひ挑戦したいし、総合ルールのほうも興味がある」と貪欲な姿勢を見せた。
 また、今月25日に第1回トライアウトが開催されることになったK-1 JAPAN戦士育成プロジェクトだが、同じようにテレビ番組と連動した育成プロジェクトが韓国と中国でも実施されることが決定したという。日本のほうも元プロ野球選手からラグビーの全日本代表やアメフトのレギュラー、さらにはHIROYAに触発され「前蹴りだったらピーター・アーツに負けない!」と豪語する中高生からの応募もあったそうだ。トライアウト合格者は、ホーストチームとベルナルドチームに分かれて修行を積むことになるが、夏頃には後楽園ホールクラスの会場で育成プロジェクトのメンバーだけで大会を開催する予定もあるとのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif