プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年02月09日

ユニオン、みちのく、怪奇派、悪冠…濃い面子が揃ったみんなのプロレス!

Posted by TEAM-angle at 23:19 / Category: 【プ】サミットシリーズ・合同興行 / 0 TrackBack

070209_MinPro-1.jpg 9日、新木場1stRINGで行われたスーパープロジェクト『みんなのプロレス』。これは先日ユニオンプロレスの代表を辞任し、澤田と共にユニオンを離れた武井匡氏が、前日の8日に結婚披露宴を行ったこともあり、通称ウェディングプロレスと呼ばれた特別興行である。
 最近この手の人気レスラーが一同に会したプチオールスター戦的なイベントが増えてきているが、みんプロにはさすが武井氏のネットワークだけあって、怪し気で濃い面子がズラリ。とはいえ、なかなか見られそうで見られない、マニア好みの顔合わせが実現! 全試合終了後、参加選手が全員リングに集まると、武井氏は「これは団体でもプロモーションでもないですが、月に1回やりたいんですよ。いつかはこのメンバーで武道館をやりましょうよ!」と訴えた。武井氏の結婚を祝う特別イベントかと思いきや、定期開催しそうなみんプロ! しかも夢はでっかく武道館進出へ。そのはじめの一歩となる第1回大会の模様はナイガイモバイル☆バトルで全試合詳しくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。

070209_MinPro-2.jpg 武井氏はオープニングで新妻と共に登場したと思ったら、何とベトナムで旧ユニオンメンバーに片っ端から電話したものの(あの高野俊二にも!)、全員からパートナーになることを断られたホーデスミン(澤田篤男)のパートナーになり、この日後楽園ホールでの上井駅興行とダブルヘッダー出場したメカマミー&メカマミーLiteと対戦!
 メカマミーのドリル攻撃を受けて額から流血までした武井氏。しかしドリル攻撃やロケットパンチを“凶器攻撃”ということで、和田京平レフェリーが厳しく注意すると、メカマミーは平謝り。すると武井氏は何と口に含んだ水を吐きかけてメカをショートさせ、すかさずLiteをスクールボーイで丸め込んで勝ってしまった! 試合後、武井氏は共にユニオンから離脱した澤田に「今後もオーバーオールで頑張っていこう」と声をかけた。

 さらにメインでは、今やメジャーからインディーまで幅広い活躍をしている近藤&YASSHIに、全日本の両国大会で曙とタッグを組むことが決まった大鷲という元悪冠一色のトリオと、政界進出が噂されているサスケと東郷のみちのく黄金タッグに、東郷の愛弟子でもあるアントーニオ本多が加わった異色トリオが激突。
 東郷vs近藤という絡みは新鮮かつ非常に興味深い顔合わせだったし、サスケもラダーを持ち出したり、サスケスペシャルver.2.8を出すなど、なかなかのケッパレっぷりを見せたが、一番活躍したのはナイガイモバイル☆バトルでもコラム連載中のアントーニオ本多だった! DDTマットではaWoのスポークスマン的存在であるアントンは、まずはYASSHIとマイク合戦を展開してみせたが、その後は元悪冠一色トリオに捕まり、ボコボコにされてしまう。それでも切り返し技や大技を食らっても自らキックアウトしてみせるなど、シリアスモードで大活躍! 観客からも大アントンコールが起こり、その活躍を見た武井氏は試合後、アントンをみんプロの実行委員に任命した。

070209_MinPro-3.jpg そして会場の声援を一手に集めたのは、何と言っても666のラム会長だ。ラム会長は怨霊&GOEMONと怪奇派トリオを結成し、佐藤兄弟&ミスターポーゴの代打出場として、“ポーゴメイク”を施したNOSAWA論外ことミスター論外と対戦!
 佐藤兄弟と論外は当然ラム会長狙いで、論外はリングの周りを走って追いかけていったが、ラム会長は「キモ~イ」とキツイひと言で論外を凹ませると、佐藤兄弟を2人まとめてチョークスラムで叩き付けると、619で吹っ飛ばしてみせる大活躍! さらに最後は論外からギブアップを奪うと、「おめでたい席なのに○○○に捨てられた双子と、××してるNOSAWAじゃ縁起が悪いなぁ。武井、幸せにな!」と、大人になるとなかなか言えない思い切りのいい発言をした上で、武井氏に粋なメッセージを送ってみせたのだからスゴイ!

070209_MinPro-4.jpg また、“イケメン3WAY”と題された試合には、エルドラドのイケメン・清水と、一部の方たちからはイケメンとされる男盛に、全身新聞まみれ(主に東スポのエロ記事)の新聞男が挑んだ。3WAY戦にもかかわらず、新聞男はリング下に降りるとメモ帳とインスタントカメラを持って、記者になりすまして清水と男盛だけを戦わせる作戦に。かなりやられた後に、2人しか試合をしていなかったことに男盛が気付くと、新聞にくるまれたイスを持ち出した新聞男は何と男盛のフンドシをほどき、ロープに結びつける暴挙に出る!
 清水がその状態で男盛に攻撃していくと、フンドシがはずれ男盛が“モロ出し”状態に! 慌ててレフェリーが新聞で股間を隠しながら男盛の反則負けを宣告。その時、新聞男はインスタントカメラで男盛の股間をドアップで撮影していた。一体何がやりたかったんだ、新聞男……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif