プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年02月13日

昨年引退を考えたという魔裟斗だが、結婚をしてあと3年は現役続行!

Posted by TEAM-angle at 15:54 / Category: 【格】K-1 MAX / 0 TrackBack

070213_Masato-1.jpg 13日、都内のホテルでK-1ファイターの魔裟斗と、女優の矢沢心が入籍報告会見を行った。会見の模様はナイガイモバイル☆バトルで詳しくお伝えしているので、ぜひご覧下さい。
 お互いを「心(しん)」「マー君」と呼び合う2人は、交際6年・同棲5年の長期交際の割には、まだまだラブラブの雰囲気。細木数子とも親交があり、風水でもよく見てもらっているという魔裟斗は、3年間の大殺界が明けた今年、ケジメとして矢沢さんと結婚することを決めたという。6年前の2月13日に付き合いはじめたという2人だが、風水で見てもらった結果、大安だった今月11日に婚姻届を提出したそうだ。
 「KOされちゃいました!」と喜びを表現した矢沢さんの指には、CHAUMETの婚約指輪がキラリ。1カラット以上のダイヤが輝くその指輪は「K-1の選手でこういうの(=結婚会見)をやるのって、俺が初めてじゃないですか。だから『K-1の選手ってそんなものか』って言われるのは嫌なので、それに恥ずかしくないものを」と、いかにも魔裟斗らしい考えのもと、2人で一緒に店に行って選んだのだそうだ。

070213_Masato-2.jpg “デキちゃった結婚”というわけではないとのことだが、子供に関して魔裟斗は「成り行きに任せます。(何人欲しいかは)まずは1人目が出来てから、どう思うかですね」と語った上で、「格闘家の辛さは嫌と言うほど分かっているので、頭を使う仕事をさせたいですね」とのこと。しかし、子供が自ら「格闘技をやりたい」と言った場合は「勝手にやれって言いますけど」とも語っていた。山本KID親子のように、魔裟斗親子が格闘技界で話題を集める日が、いずれは来るかもしれない。
 また、矢沢さんは結婚後も仕事は続けるそうだが、魔裟斗は「去年までは色々と(身の回りの世話を優先的に)やってもらっていたので、去年の(MAX世界)トーナメントで負けた時点で1回引退しようと思ったんですよ。その時点で心は俺のことは置いておいて、仕事をしようってことになったんで」と説明。
 以前は試合前、相当ピリピリしていて何度も矢沢さんに当たっていたという魔裟斗。それだけに矢沢さんはだいぶ苦労したようだが、それでも食事の面などあらゆる面で魔裟斗をサポートしてきたという。だが、2003年に世界トーナメントで優勝して以降は“ひと山越えた”そうで、現在はだいぶ落ち着いたこともあって、矢沢さんも仕事と両立することが可能だという。

070213_Masato-3.jpg 有名人同士の入籍発表ということで、会見場にはスポーツ記者のほかに芸能マスコミやテレビのワイドショーも駆けつけた。あの前田忠明氏が矢継ぎ早に、様々な質問を浴びせていったシーンはさすがのひと言。さらに、魔裟斗も谷川EPも“サンジャポファミリー”だけに、TBS『サンデー・ジャポン』も当然取材に来ていた。この日来ていたのは、“亀田親子番”でお馴染みの紙谷ジャーナリスト。紙谷ジャーナリストはまず「細かいケンカが絶えないというお二人ですが、その勝利は?」という、いかにも“サンジャポらしい”質問を浴びせる。
 魔裟斗が「結構恐いですからね。(門限の午前)3時過ぎに帰ったら、後ろから引っぱたかれたりしますからね」と言うと、サンジャポの質問に思わず爆笑していた矢沢さんがジッと魔裟斗のほうを睨んで「ここで言うことじゃない」とポツリというシーンも。
 さらに矢沢さんに向かって「お家で魔裟斗さん相手にドラマのセリフの練習をすることなんてあるんですか?」という質問を浴びせると、矢沢さんは「相手役のセリフを読んでもらったりというのはあります」と答えた。紙谷ジャーナリストが「魔裟斗さんの俳優としてのセンスは?」と質問を続けると、すかさず魔裟斗が「ダメ出しばかりです」と言ったのだが、矢沢さんは「最近はいいと思います」とタレント活動も増えてきた魔裟斗の成長を認める発言。これは近々K-1引退→タレント転身への準備かとも思えるが、何でも風水で「30(歳)まで(現役生活が)できる」と言われたそうで、魔裟斗は「あと3年はやっていると思います」と現役続行を宣言した。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif