プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年02月25日

DDTの第5ブランドとして、“疫病神”矢郷の『YAGOプロレス』が来月旗揚げ!?

Posted by TEAM-angle at 16:08 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

070225_DDT-1.jpg 25日、後楽園ホールで行われたDDT『Into The Fight 2007』。ドラゴンゲートとの合同興行『DDG』も発表され、旗揚げ10周年に向けて勢いに乗るDDTだけに、この日の後楽園大会も見所が満載! ナイガイモバイル☆バトルでは全試合写真付で試合内容からマイクパフォーマンスまで詳しくお伝えしています。
 この日、矢郷良明のDDT入団を賭けたトライアウト“ハードコア・ロッカールーム・デスマッチ”で対戦した矢郷と三四郎。団体もユニットも矢郷が関わると、すぐに解散するというジンクスを持つ“疫病神”矢郷だけに、K-DOJO陣営はDJニラとブルーKを付けて何とか矢郷をDDTに入団させようとする。一方三四郎は社長として絶対に矢郷のDDT入団を阻止したい。その矢郷が昨年末から今年の頭まで閉じこめられていたロッカーが“公認凶器”とされたこの試合は、三四郎がロッカーの上から超雪崩式ブレーンバスターを放ったり、ロッカーに閉じこめた矢郷に対して反対側のコーナー前に据えたロッカーから三四郎がミサイルキックを放つ“フロム・ロッカー・トゥ・ロッカー”など、ロッカーを巧みに使った攻撃を見せる。
 矢郷陣営もクリアボックスを持ち出し、あと一歩まで三四郎を追い込んだが、最後は三四郎がロッカーの上へのHIMAWARIボムで勝利。何とか矢郷のDDT入りを阻止した三四郎は、矢郷に“追放”を言い渡す。非情な処分かとも思われたが、観客は反応は思いのほか鈍い。だが、半ば強制的に観客から「え~」の声を引き出した三四郎は「皆さんの矢郷さんを愛する気持ちはよく分かりました」と言って、トンデモないことを提案する!

 何と三四郎は、DDT、マッスル、ユニオン、CRUISER'S GAMEに続くDDTブランドの第5弾として、“YAGOプロレス”を旗揚げすることを宣言! 自ら「各団体のオイシイところ取り」という三四郎は、「明るく楽しいパッケージど真ん中」をコンセプトに掲げ、矢郷とブルーKが所属選手となり、ニラや名古屋あたりの強豪を特別参戦させることを勝手に決めてしまう。さらに3月20日、新木場大会のオールナイト興行終了後の午前3時30分くらいに旗揚げ戦を行うことを告げたのであった。
 これを聞き、激しく同様する矢郷は「だ、大丈夫かなぁ」と苦笑いするばかり。ついに自らの名前が付いた団体(というかブランド)が出来てしまった“疫病神”矢郷。どうなる、YAGOプロレス!

070225_DDT-2.jpg メインではエースHARASHIMAが、2週間のアメリカ遠征を終えて帰ってきたディーノを相手にKO-D無差別級王座の防衛戦を行った。アメリカでよりホンモノになったディーノは、執拗なまでの男色殺法でHARASHIMAを追い込んだが、最後は“いつも鍛えている”差でHARASHIMAが勝利。
 王座防衛に成功したHARASHIMAが観客に次の防衛戦の相手を問うと、客席から「矢郷!」という声も挙がったのだが、「俺には乗り越えなきゃいけない壁がある!」と言ったHARASHIMAが三四郎を指名。リングに登場した三四郎は、HARASHIMAが王者になってからの後楽園大会の客足がイマイチであることを告げ、社長としても自分が王者になったほうが客入りもよくなると告げる。三四郎は見せつけるようにファイアーポーズを決めてみせたが、HARASHIMAも先月の後楽園大会より、この日のほうが30人多かったことを告げ、「みんな俺に付いてこーい!」という決めゼリフで大会を締めた。

070225_DDT-3.jpg そのほかには、「勝手に名前を使った」としてマッスル坂井に対して100万円の賠償金を払うように訴えた大鷲と、大鷲の自称・弁護士として「試合に負けたら300万円払え!」と理不尽要求を突きつけたTARUが、坂井&KUDOと対戦。
 KUDOがアメリカ遠征で足をケガしたことを理由に、坂井は先月の後楽園大会で引退となった大家を電撃復帰させて3vs2のハンデ戦にしてくれとTARUに懇願。「その代わりに負けたら1000万円払え!」という条件付きでこれを了承したTARUは、最後はキッチリと大家をTARUドリラーで沈めた。
 TARUが坂井に対して今すぐ金を払えと凄むと、「そんな金を払うにはどれだけ試合をやらなきゃいけなと思ってんだ!」と坂井も逆ギレ。怒ったTARUが殴りかかろうとしたその瞬間、大鷲が割って入り「こんな奴らでも、俺の仲間なんだ」と言って自分が1000万円を払うと告げる。この台詞に感動した坂井とKUDOが「いや、俺が払う!」と言って手を挙げると、大家までもが「僕が払います!」と挙手。その瞬間、大家以外の人間が「どうぞ、どうぞ」とダチ○ウ倶楽部ばりのお約束に! TARUも大家に「キッチリ払ってもらうで」と言ってニヤリ。どうなる、大家!

070225_DDT-4.jpg また、福蛇を新リーダーにして、この日新生蛇界転生のお披露目を行った蛇界は、福蛇はマンゴー福蛇に、ポイズンはドリアン澤田JULIEに変身! 福蛇はロス・サルセロス・ハポルセス時代の衣装(澤田も赤いタンゴ衣装)を着用し、宣言していた通り「明るく、楽しく、激しい蛇界」を披露した。
 星誕期はヌルヌルブラザーズとの最終決着戦に挑み、マイケルのヌルヌル殺法に手こずりながらも、最後は新兵器で勝利。さらにハワイ軍aWoのアラモちゃんが試合中、「柿本にはハワイの血が流れているかもしれない」と予言。この日はご両親&妹さんがリングサイドで観戦していた柿本は、無意識に手でアロハマークを作りながらも必死に否定。アントン本多が柿本のご両親に「柿本は本当にあなたたちのお子さんですか?」と訪ねるが、明確な返事はもらえないまま。アントンはじっちゃんの名に賭けて柿本出生の謎を解くと宣言したが……

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif