プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年04月08日

これは“榊原信行の忘れ物”か……。再び桜庭がPRIDEのリングに立った!

Posted by JS at 20:47 / Category: 【格】PRIDE・やれんのか! / 0 TrackBack

超ド級のビッグサプライズが起こった!
桜庭和志がリングに登場、榊原代表を労った
(PRIDE OFFICIAL WEBSITE)

 本日、さいたまスーパーアリーナで行われた『PRIDE.34』に、何と桜庭和志が登場するというビッグサプライズがあった模様。今大会は榊原代表のDSEが取り仕切るラスト興行。もともと桜庭選手はHERO'S移籍を決めたときから、「ぼくはPRIDEでもHERO'Sでも試合がしたいです」と言っていただけに、榊原代表のラスト興行となれば、「ぼくに何かできることはありませんか?」と申し出ても何ら不思議ではない。桜庭選手という男は、そういう人だ。
 また、高田vsヒクソン戦を実現させるためにPRIDEというイベントを始めた榊原代表が、そのPRIDEのリングでどうしても実現しようとしていたのが、桜庭vs田村戦だった。実現に向けて何度も何度も交渉が進められたこのカードだが、結局実現することはなく、桜庭選手のHERO'S移籍に伴い、少なくともPRIDEで実現することはないかと思われていた。
 そんなカードを“榊原代表最後のPRIDE”という最後の切り札を使って、一発逆転PRIDE.34で実現しようとしたようだが、さすがにそんな急には無理だったか。だが、このカードは“榊原信行の忘れ物”として、新体制がPRIDEのリングで実現できるように動いていくことになりそう。榊原代表の思い入れ、田村潔司の心意気はもちろん素晴らしいが、あれほど悩みに悩み、いろいろと言われながらもPRIDEを離れてHERO'Sに移籍した桜庭和志が、再びPRIDEのリングに上がるっていうのは、そんなに簡単なことではないはず……桜庭のマスク越しの涙に、もらい泣きしそうになってしまう。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif