プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年04月19日

UWFのTARU、維震軍のYASSHI、ウォリアーの近藤、そしてSUWAが復帰?

Posted by TEAM-angle at 23:17 / Category: 【プ】ElDorado(dragondoor)・カスイチ / 0 TrackBack

060419_Kasuichi-1.jpg 19日、新宿FACEでソウル・コネクションによる『月刊カス野郎プロレス・カスイチVOL.2』が行われた。全試合の詳細はバトル三昧が写真付きでお伝えしていますので、ぜひご覧下さい。
 カスイチとはソウル・コネクションが月1回開催するプロレスイベントだが、前回大会で「このリングでは正々堂々やる」という約束を破って反則負けとなったTARUに対し、カスイチの神様“カス男さん”が「次回からキャラチェンジや!」という司令を出した。ヒールの中のヒールであるTARUがどんなキャラで現れるか注目されたが、何と場内に鳴り響いたテーマ曲は『UWFメインテーマ』!
 姿を現したのは黒いレガースと黒いタイツ、そしてアップライトの構えを執拗にやる“UWFスタイル”のTARUだった! しかも、パートナーXを呼び込むと、今度は『ワルキューレの騎行』が流れ、藤原組のジャージを着た藤原組長が現れたのだから、対戦相手の鈴木&高山も思わず呆然!

 試合でも終始Uスタイルを貫き、ロープに飛ばずにカットにも入らなかったTARUだが、終盤ついにイスを手にしてしまう。ところが、TARUが振り下ろしたイスが、よりにもよって組長に誤爆! 怒った組長が一本足頭突きからアキレス腱固めを決めると、高山&鈴木が両腕に腕ひしぎ逆十字を決めて勝利した。
 組長はTARUに「UWFをバカにするな、バカヤロウ!」と吐き捨て、高山、そしてかつての愛弟子である鈴木と共に去っていった。1人リングに取り残されたTARUだが、この日のためにレンタルビデオでUWFのビデオを借り、若い頃の高山のスタイルを研究したことを明かすと、カス男さんからは「お前は色々な引き出しを持っていることが分かった。またキャラチェンジ、やってや! 次回のカスイチではワシがコスチュームを用意したるわ」と新たな司令が下された。

060419_Kasuichi-2.jpg まだ高校生の頃に、越中から「お前にはプロレスラーは無理だ!」と冷たく突き放されたというYASSHI。そのことを今でも恨んでいたYASSHIだが、前回のカスイチでその越中とシングルマッチで対戦! その結果、侍魂を注入されたというYASSHIは、この日『超・平成維震軍』を結成することを宣言した!
 ラスタカラーの覇旗を持ち、『SAMURAI!』の前奏を使用して入場してきたYASSHIは自らを「俺が超・平成維震軍の若頭、“SAMURAI”YASSHIだって!」と“越中節”で名乗ったのだが、対戦相手として現れたのは本家維震軍のメンバーだった後藤達俊! YASSHIは侍魂溢れるヒップアタック3連発を見舞っていったが、後藤は徹底したラフファイトで痛ぶった末、殺人バックドロップでノックアウトしてみせた。YASSHIの一人維震軍はまだまだ続く……

060419_Kasuichi-3.jpg キャラチェンジしたのはTARUとYASSHIだけではなく、何と近藤もだった! この日のオープニングで高梨が近藤に対し、「昔の因縁を覚えているか? これを見ろ!」と言うと、今から6年前にメキシコの闘龍門ジムで近藤から洋服を脱がされて全裸にされる高梨の姿が映った秘蔵VTRがスクリーンで流された。この時の恨みを晴らすため、高梨は近藤にシングル戦を要求し、カス男さんもこれを承諾した。
 そして近藤の入場時、何と『アイアンマン』が鳴り響き、赤いホーク・ウォリアーメイクに赤いプロテクターを着用したコンドー・ウォリアーが登場! リフトアップや技を食らってもすぐに起きあがるウォリアームーブを見せたコンドーは、ラリアット一発で高梨を秒殺。するとコンドーは「6年前にお前が闘龍門を逃げ出して、勝手にDDTでレスラーになったけど、ここまでマイクがうまくなっているとは思わなかった。俺は今のお前を応援するよ。ということで、次回のカスイチからお前はレギュラー出演だよ。だからお前の携帯番号教えてくれよ」と言ってマイクを高梨に向ける。高梨が必死にいい話で終わらせようとするが、何とスクリーンに思い切り高梨の携帯電話番号が映し出されてしまった!

060419_Kasuichi-4.jpg VOL.1で小島聡と対戦したランジェリー武藤だったが、カス男さんは「お前には荷が重たかった」と言い、何とランジェリーの命ともいえるブラジャーを取り上げてしまう! 「ブラへの愛を証明してみろ」というカス男さんは“3WAYブ・ラダーデスマッチ”を行うことを指示。相手として入場してきたのは、何と変態さではランジェリーに決して負けない男色ディーノと、そのディーノが「姉さん」と慕うMEN'Sテイオー!
 前日のDDGに続き、またしても歌舞伎町のど真ん中で男色殺法を繰り広げるディーノ。しかし、イマイチ変態になり切れないテイオーが武藤をアシストし、ラダーに登った武藤が天井からぶら下げられたブラをゲットした! カス男さんからはそんなランジェリー武藤に対し、「次回はランジェリー・ムタで来い」という司令が出された。

 なお、第1試合に出場したKAGETORAとバナナ千賀の試合を見ていたSUWAが、試合後に控室で「なんだよ、この試合は!」とダメ出し。だが、KAGETORAと千賀が「もうすぐ引退する人間に言われたくないですよ! そこまで言うなら、SUWAさんのプロレスをもう一度やってくださいよ!」と噛みついていくと、何とSUWAは、「やってやるよ! カス野郎限定でやってやるよ!」と“カス野郎プロレス限定”という制限付きながら、まさかの復帰宣言! 今年の3月に国内引退試合を行ったばかりのSUWAだが、本当に早期復帰となるのか?

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif