プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年05月02日

WRESTLE LANDの権力は誰の手に! 伝説のJJジャックスがまさかの復活!?

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 0 TrackBack

 1日、後楽園ホールで行われた新日本プロレスの別ブランド『WRESTLE LAND 9th~Deadly Target~』。今年最初のWRESTLE LAND(以下WL)となったこの大会の模様は、バトル三昧で詳しくお伝えしているのでぜひご覧ください。
 この日のメインはWLのエースである棚橋vs日本プロレス界屈指のヒールであるブードゥー・マーダーズのTARUvsWLを中西ランドに変えることを目論む自称現場監督の中西による、“権力の象徴”争奪3WAYラダーマッチ!
 天井から吊された“権力の象徴”である捻りハチマキをゲットした者が勝者となり、今後のWLを取り仕切っていくことになるわけだが、TARUは試合前に棚橋を襲撃してヒザを破壊。これにより棚橋はほとんど戦線離脱状態になってしまい、TARUと中西がラダーに登りあってハチマキに手を伸ばしていった。
 それぞれのセコンド陣もリングに上がり、リング上は選手やラダーが乱れあうカオス状態に。そんな中、TARUがラダーに登ると下から棚橋が必死で阻止。すると反対側から中西がスルスルとラダーを登っていき、見事に捻りハチマキをゲットした!

 勝利した中西はスクリーンに「愛・夢・感動、全米が泣いた! 夢のマッチョパーク、中西ランド近日開園!」というイメージVTRを流すと、WLの全メンバーにそのまま“中西ランド”に出ることを強要。田中は次回大会の1回限りだと思っていたようだが、何と中西は今後はずっと中西ランドでいくつもりのようだ。
 WLで現場監督を自称し、力道山タイツ姿になって以来、中西がその魅力を発揮してきたが、ついに念願だった中西ランドが実現してしまうことに……この日も最後は「中西ランドについてこーい! ホー!」で締めてみせた。

 また、この日は邪道&外道vs近藤&YASSHIという、日本プロレス界が誇る名タッグ同士の対決という好カードが組まれた。試合はコンブラが近藤のパワーと好連携で外道を終始捕まえたが、邪道&外道も会場の壁にぶつけたり、上着を脱ぎ捨てた邪道がクロスフェース・オブ・JADOを決めるなど、予想通りの好勝負に。
 最後は近藤のキングコング・ラリアットをレフェリーにぶつけて防いだ外道が、レフェリーが起きあがってくる際に背後からイスで軽く叩いたあとに近藤にイスを渡して自らダウン。次の瞬間、レフェリーが振り返ると近藤がイスを持っていたため、邪道&外道の反則勝ちを宣言!
 故エディ・ゲレロばりの頭脳作戦で勝利した邪道&外道が引き上げると、何とかつて新日本マットで悪夢の数々を巻き起こした海賊男が乱入! コンブラを襲撃した海賊男はYASSHIに見事なフォームのダイビング・ボディプレスを浴びせると、自ら海賊マスクを脱ぎ捨てた!
 その正体は……しばらく新日本マットを離れていたAKIRA! 疾風の如く引き上げていったAKIRAに向かって、田口隆祐が「自分とタッグを組んでください!」と懇願。当初は渋っていたAKIRAだが、田口の熱意に負けてタッグ結成を了承。2人は何と「今日から俺たちが新生JJジャックスだ!」と宣言! AKIRAと飯塚がかつて結成していた(いろいろな意味で)伝説のタッグチーム、JJジャックスがこういうカタチで復活した……

 ちなみにその田口はこの日、負傷欠場中のミラノが連れてきた指名選手(=ミラニートコレクションa.t.)&魔界カナディアンと対戦。自らパートナーを連れてくることを予告していた田口だが、そのパートナーはサムライジム会長のエル・サムライ。しかも、ただのサムライではなく、茶色いパンタロンにアフロヘアのヅラが付いたサムライマスク姿の“ファンキーバージョン”。
 そのサムライの活躍によって見事勝利したサムライ&田口の師弟コンビ。試合前ミラノに対し、「お前は日本人じゃないか! 俺はT2Pのビデオを持っているんだぞ!」と言った田口に対し、試合後ミラノは「サムライはちょっとオイシイと思ってんだろ! マスク越しにニヤニヤしているのが分かるんだよ! 俺は同じ岩手県人として恥ずかしく思うよ!」と岩手県人であることを認めた。

 また、スーパー・ストロング・マシンを制裁するため、ついに自らリングに上がった星野総裁は、コーナー最上段から場外にダイブしたり、石狩に馬乗りにのって得意のナックルを見舞うなど、なかなかのハッスルぶりを見せた。試合後、マシンに対して「俺はお前に最終兵器を用意したからな。覚悟しておけよ。ビッシビシいくからな!」と凄んだ星野総裁に対し、マシンは今回星野総裁が投入した長身の魔界Xに対して「そこのデカイの! お前は新日本を辞めた○尾じゃねぇか! 何が最終兵器だ!」と“逆・お前○○じゃないか!”発言をしてみせた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif