プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年05月06日

CRUISER'S GAMEにKENTAが初参戦! MIKAMIは怨霊と危険なラダー戦!

Posted by TEAM-angle at 23:36 / Category: 【プ】DDT・マッスル / 0 TrackBack

070506_CruisersGame-1.jpg 6日、ディファ有明で行われたDDTブランド/MIKAMIプロデュース興行『CRUISER'S GAME 6』。MIKAMIがクルーザー級の魅力を伝えるため、クルーザー級の選手ばかりを集めて行う大会だが、全試合の詳細はナイガイモバイル☆バトルでお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 今大会にはノアのKENTAが初参戦! DDTのKUDOと一騎打ちを行ったのだが、お互い蹴りを得意としている選手なので試合は壮絶な蹴り合いに。圧巻だったのは、コーナーに登ったKUDOをKENTAが追いかけていった際、KUDOが殴り倒してKENTAがコーナーに逆さ吊り状態になると、KUDOがコーナー最上段からジャンプし、ダブルニーを落としていったシーン。
 最後はKENTAがブサイクへのヒザ蹴りから必殺のgo2sleepでKENTAが勝利。試合後、KENTAは握手を求めていったが、KUDOはそれに応じず「今日はKENTA選手と握手はできません。またゼロからやり直して、またいつか対戦したいです」とマイクアピールした。

070506_CruisersGame-2.jpg メインはMIKAMIvs怨霊のラダーマッチ。お互いにマイラダーを持ち込み、巧みにラダーを使った攻撃を展開。難易度も危険度も高い攻防が続く中、やはりラダーを使った攻撃ではMIKAMIに一日の長がある感じ。
 それでも怨霊はまるで不死身のゾンビのように起き上がってくる。ラダー上で怨霊はMIKAMIにパウダー攻撃を見舞っていくが、何とMIKAMIは視界を奪われたにも関わらず反対側のラダー上にいる怨霊にミサイルキック! そしてラダーで怨霊を挟むと、もう一方のラダーのてっぺんからヴォルカニックボムを落として勝利!
 試合後MIKAMIは「怨霊、アンタまだまだやれよ! できるじゃねぇかよ! 久しぶりにこんな試合をやりました。怨霊はスゲェよ」と怨霊を絶賛。最近はインディー界でも目立った活躍が少なくなってきている怨霊だが、MIKAMIはまだまだできると太鼓判を押した。

070506_CruisersGame-3.jpg 最近ではエルドラドに参戦し、近藤修司のユニット入りを果たしたアントーニオ本多。その近藤とアントンがタッグを組み、澤&吉川のバトラーツタッグと激突するという異色カードもラインナップ。
 近藤と絡むときのアントンは、なかなかのシリアスモード。バトラーツ組がアントン相手にもバチバチファイトを展開していくと、アントンも強烈な張り手をお返し。さらに卍固めや延髄蹴りを仕掛ける。アントンの頑張りに触発されたように近藤もザ☆オリジナルやランサルセを見舞っていくと、コンブラお得意の合体技であるバビロンをアントンと共に見舞っていった! 最後はアントンの絶妙なカットを受けて、近藤がキングコング・ラリアットで吉川から3カウント奪った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif