プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年05月07日

ディファカップ決勝は、K-DOJOとDDTが大熱戦! 東京愚連隊も全員集合!

Posted by TEAM-angle at 02:00 / Category: 【プ】サミットシリーズ・合同興行 / 0 TrackBack

070506_DifferCup-1.jpg 6日、ディファ有明で行われたGPWA『第3回ディファカップ~優勝決定戦~』。全試合の詳細はナイガイモバイル☆バトルでお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 5日行われた開幕戦(1回戦&準決勝)を勝ち上がったHARASHIMA&飯伏のDDTと、真霜&円華のK-DOJOが決勝で激突するが、3位決定戦は日高&浪口のZERO1・MAXと、KAGETORA&ヘラクレスオオ千賀のエルドラドのあいだで争われる。
 そのほかのカードはGPWAに加盟している団体から、比較的キャラクターの濃い選手が出場し、何ともバラエティに富んだカードが並んだ。それもあってGW最終日で外は雨だというのに、ディファ有明にはたくさんの観客が詰めかけた。笑いあり、目まぐるしい展開ありの試合が続く中、決勝は26分を超す熱戦! 最後の最後までどちらが勝つか分からない好勝負となった。

070506_DifferCup-2.jpg お互いのチームとも準決勝のフィニッシュ技、DDTはHARASHIMAの山折り→飯伏のジャーマン→HARASHIMAの蒼魔刀、K-DOJOは真霜のバスター→円華のシューティングスタープレスを出していったが、これでも決まらず。
 K-DOJO側は真霜が痛めていたヒザを5日の開幕戦で悪化させてしまったため、その分円華が八面六臂の大活躍! DDT側も飯伏がムーンサルト→着地→その場飛びムーンサルトやフェニックス・スプラッシュなど高度な飛び技を出す一方で、ガンガン蹴りも出していった。
 終盤、真霜と飯伏の一騎打ち状態に。ヒザを痛めているとはいえ、真霜の真剣(かたな)を何発受けても立ち上がってきた飯伏は、垂直落下式ブレーンバスターも首固めで切り返す。しかし、首固めで丸め込んでいった飯伏を一気に抱え上げた真霜が、ついに必殺の垂直落下式ブレーンバスターを決めて勝利!
 試合後、HARASHIMAと飯伏は「この借りはいつか絶対に返す!」と口を揃え、真霜も「いつでもいいよ。それにほかの団体は、これが本当のベストチームだとは思っていないので、次はベストチームで競い合いましょう!」と語った。ちなみに賞金100万円の使い道を聞かれた円華が「団体に寄付します」と言うと、真霜は「え!」と驚きながらも「き、寄付します」と言って苦笑い……

070506_DifferCup-3.jpg NOSAWA論外&MAZDAに無我の竹村、メキシコ時代に組んでいたZERO1の藤田、そして愚連隊結成当時に素顔でメンバーに加わっていた菊タローを加えた“完全版”東京愚連隊と、どういう基準で選出されたか分からないチーム丸藤が激突!
 揃いのコスチュームで登場した愚連隊だが、どうしても菊タローだけ浮いてしまう。お約束のスッポ抜けブルドッキング・ヘッドロックの「あ~れ~」をやれば仲間たちから袋叩きにされてしまうし、ピンチに陥れば仲間たちはコーナーから「がんばれ、キク○ワ!」と本名を呼んでしまう。
 挙げ句の果てには試合後にコーナーに登ってアピールしようとした菊タローを引きずり下ろして、残りの4人がそれぞれのコーナーに乗ってアピール。さらには相手のチーム丸藤までもが、菊タローを無視してほかの愚連隊と握手をするという仕打ち! それでも、これだけのメンバーで一番オイシかったのは菊タローだった。

070506_DifferCup-4.jpg 第1試合では大家&石川のユニオンプロレスvs臼田&原のBMLという異色対決が実現。5日のディファカップ1回戦でHARSHIMA&飯伏のDDT組に失神KO負け→試合後も飯伏が原に暴行という目に遭っているBMLとしては、DDTの別ブランドであるユニオンは何としてでも叩き潰したいところだろう。
 どうもこの日の観客はDDTファンが多かったようで、現在引退騒動やアイスリボン関係で“プチブレイク中”の大家に大声援が送られる。それでも試合では結果が出せていない大家は、この日も臼田と原にボコボコにされてしまう。蹴り倒される度に観客から「あ~」という溜息が漏れたのだが、この日の大家はひと味違った!
 アイスリボンの飛香ちゃんに「前のように情けないまま終わるつもりはありません。プロレスを頑張っていこうと思います」と言った言葉は本物だったのか、年度蹴り倒されても気合いを入れて立ち上がった大家は、スピアにジャーマン、さらにはヘッドバットの連打で逆襲! 原もハイキックを何発も叩き込んでいくのだが、大家がまるでゾンビのように起き上がってくるため、KOするのを諦めたのか最後はフロントネックロックで締め落として勝利。
 試合後、原は「おい、コラ! なにがDDTじゃ、このボケ!」と毒づいていったが、これには観客からブーイング。そして期待以上の頑張りを見せた大家には大歓声が飛び、石川が失神した大家の手を持って強引に手を振ってその歓声に応えた。ガンバレ、大家☆

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif