プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年06月05日

CIMAがライガーに「ドラゲーがぬるま湯なら、新日本は真水じゃ!」と豪語!

Posted by TEAM-angle at 23:28 / Category: 【プ】DRAGON GATE・武勇伝 / 0 TrackBack

 5日、後楽園ホールで行われたドラゴンゲート『THE GATE OF MAXIMUM』。夏のビッグマッチ7・1神戸ワールド大会前の後楽園大会ということで、様々な動きがあったこの大会。バトル三昧では全試合写真付きで詳しくお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 5・12マッスル・アウトローズ自主興行で、現場監督のK-ness.から本気でライガーから至宝のドリームゲートを取り戻す気があるのかどうかを確かめるため、タッグを組んでライガー組と対戦するように命じられたCIMAとGamma。
 犬猿の仲の両者だけに、試合前からかなりいがみ合っていたのだが、ここで勝利してアピールしないとライガーへの挑戦権すら剥奪されかねない。しかもライガーのパートナーは勝手知ったる望月だけに、パートナーと喧嘩しながら勝てる相手ではない。それだけに、CIMAとGammaは途中からついに合体攻撃まで繰り出していき、終盤にはCIMAのシュバインとGammaのGammaスペシャルの競演が決まった。これで、ついにフォール勝ちかと思われた瞬間……

 何とライガーをフォールしていたCIMAを、カウント3直前にGammaが襲撃! 「ライガーをフォールするのは俺だ!」とGammaがアピールすると、セコンドの玉岡がCIMAにプロテインパウダー攻撃! このチャンスに望月が三角蹴りを決め、ライガーが掌打→サンダーライガーボムを決める。プロテインまみれになりながらも、何とか返していったCIMAだが、Gammaが救出に入るわけもなく、最後はライガーのCTBを食らってフォール負け。
 余裕のライガーはGammaを“マンガ”呼ばわりして、「何なら3WAYでやってやってもいいぞ」とうそぶく。しかし「今日は玉岡に負けたんや!」と強がったCIMAは、ライガーに対して邪道が負傷したため博多大会を欠場することを痛烈に批判。「お前はドラゴンゲートはぬるま湯に浸かっていると言ったが、ドラゴンゲートがぬるま湯なら、新日本プロレスは真水やないか!」と言い返した。だが、ライガーは「CTUには何人メンバーがいると思っているんだ?」と言って、博多大会にはXを投入すると予告した。

 アメリカ遠征から帰国し、オープン・ザ・お笑いゲート初代チャンピオンのベルトを巻いて登場したストーカー市川Z改め、“ハリウッド”ストーカー市川は宿敵フジイと対戦。アメリカ遠征の成果は、何と開始10秒でフジイからラ・マヒストラルで3カウントを奪ってみせた!
 ……が、岡村社長がフジイの足がロープにかかっていたと指摘し、再試合をすることを強要。怒ったフジイが場外でスト市をボコボコにしていると、何と記者席でたまたま(?)観戦していたアパッチの黒田哲広と遭遇。因縁の相手とのまさかの再会を果たしたフジイは、スト市そっちのけで黒田とやり合う。
 完全に無視されたスト市は、神戸ワールドでフジイと黒田のシングル戦をやるように提案するが、そのカードはすでに発表済みのカードのため、逆にフジイと黒田に袋叩きにされてしまった……。しかし、スト市は神戸ワールドで自分と対戦する相手として、何と「IWGPヘビーのチャンピオン、この人しかいないですよね!」と言って、敬礼ポーズ! 近く嘆願書を持って新日本の会場に乗り込むという。果たしてお笑いゲートチャンピオンvsミスターIWGPの対戦は実現するのだろうか?

 メインはTyphoon、マッスル・アウトローズ、NEW HAZARDによる6人タッグ3WAY勝ち抜き戦。岸和田や鷹木の真っ向パワー対決が繰り広げられる中、この中に入るとややパワーでは劣るTyphoon勢はスピードと巧さで試合をかき回す。
 しかし、ずる賢さでは一枚上をいくマッスル勢が勝負に出たキッドのウルトラ・ウラカンをうまく横須賀に誤爆させ、そのまま押さえ込んだため最初に退場となったのはTyphoon。6人タッグのベルト(トライアングルゲート)を持っているNEW HAZARDとしては負けるわけにはいかないが、ハルクが岸和田に捕まってしまい、連続攻撃を食らってしまう。岸和田のラストライドを食らい、万事休すかと思われたが、これは何とか鷹木がカット。
 逆にコングが吉野にサイバーボムを決めて一気に勝負に出たが、これを返した吉野がコングにロープに振られたところをトルベジーノで切り返し、そのまま横十字固めで丸め込んで勝利した。敗れた鷹木は「次は100倍にして返してやる!」と言い放ったが、ユニット抗争はさらに激化しそう。

 メインのユニット対抗戦には参加できなかった戸澤塾だが、アラケン&岩佐vsNEW HAZARDのYAMATO&ジャックでは、何と真っ向勝負した末に岩佐が戸澤塾最終奥義其の弐・熨斗紙でジャックからピンフォール勝ち!
 アラケン&岩佐は先日ノアにも参戦し、鼓太郎&マルビンの持つGHCジュニアタッグ王座にも挑戦。敗れはしたものの、なかなかの好勝負を展開したようで、アラケンは「戸澤塾、生まれ変わったんじゃないか!」と手応えを掴んできた様子。戸澤と大野にも「お前らも付いて来いよ」と発破をかけた。

 また、この日ドラゴンゲートのテーマ曲である『DRAGON STORM』を、アニソンでお馴染みのJAM Projectが歌った『DRAGON STORM 2007』がお披露目された。会場にはJAM Projectのメンバーも観戦に訪れた。なお、この『DRAGON STORM 2007』だが、あの影山ヒロノブ氏が歌ったことで、非常にドラゴンボールテイスト溢れる曲となっている。7・1神戸ワールド大会から会場限定で発売されるとのこと。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif