プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年06月08日

アノ事件やアノ試合に関しても書かれている桜庭自伝『ぼく…。』発売決定!

Posted by JS at 12:00 / Category: 独自情報 / 0 TrackBack

Boku3.jpg 私が構成・ブックデザインを担当した桜庭和志の自伝第3弾『ぼく…。』が、6月23日に東邦出版から発売されることが決定した(税込価格1500円)。
 今作は2002年に発売された『帰ってきたぼく。』からの続きとして、2002年8月28日に国立競技場で行われた第1回『Dynamite!』でのミルコ戦から、先日ロスで行われた『Dynamite!! USA』でのホイスとの再戦までに関して、桜庭選手自身が綴っている。この間の桜庭選手は、高田道場を退団、新天地HERO'Sへの参戦、そして2006年の大晦日に起きたアノ事件、まさかのPRIDE再登場、そして初めてのアメリカでの試合など、まさしく激動の日々だった。
 普段、公の場では煙に巻くような発言が多い桜庭選手だが、自著ではユーモアを交えつつも、率直な心境が綴られているので、ぜひたくさんの方に読んでいただきたい。そこで出版業界初の試みとして、本日から発売直前の22日まで、何とこの『ぼく…。』の中身がYahoo!ブックスで全部読むことができるという!
 まだホイス戦に関する部分は、現在鋭意執筆中のため、とりあえずミルコ戦~PRIDE再登場部分までが閲覧可能だ。ただし、ここで読めるのはハッキリ言って完璧な完成版ではない。写真も入っていないし、実際の本では『ぼく。』シリーズでは恒例になっている試合結果一覧やオリジナルステッカーの付録も付いてくる。とりあえずYahoo!ブックスで試し読みして「もっとじっくり読みたい」「ステッカーが欲しい」という方は、23日に書店やネットで実際の本を購入してほしい!

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif