プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年08月20日

K-1 MAX決勝トーナメント1回戦第1試合で、いきなり魔裟斗vsブアカーオ!

Posted by TEAM-angle at 16:02 / Category: 【格】K-1 MAX / 0 TrackBack

070820_K1MAX-1.jpg 20日、都内のホテルで『K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦~』(10月3日、日本武道館)に関する記者会見が行われた。発表された対戦カードや記者会見の模様は、バトル三昧で詳しくお伝えしていますので、ぜひご覧ください。
 6月の開幕戦を終えたあとの会見で、「1回戦で一番強い奴とやりたい」と決勝トーナメント回戦の相手に、ブアカーオを指名した魔裟斗。この突然のご指名に、さすがのブアカーオも若干戸惑いの表情を見せていたが、その魔裟斗vsブアカーオが本当に1回戦、しかも第1試合で行われることが決定した!
 「最初は格好つけて(ブアカーオとやりたいと)言ったんだけど、時間が経つにつれて本当にやりたくなった」と言う魔裟斗は、すでに合宿を終えて大会までまだ1カ月以上あるのにすでにほぼベストな状態まで仕上がっているという。その上でタイから現役ランカーの選手を招聘し、みっちりとスパーリングを行うという。一方のブアカーオサイドは本人がどう思っているのかは不明だが、所属ジムの会長は魔裟斗戦のオファーを聞いて「まったく問題ない」と即OKしたそうだ。

070820_K1MAX-2.jpg 「(ブアカーオに)絶対に勝てるとは言い切れないけど、何か自信はありますよ。スゲー自信ある! とにかく今年優勝したい。どのみちアレ(=ブアカーオ)に勝たないと優勝はない」と、魔裟斗にしてみれば必ず決勝までは上がってくるブアカーオとは、コンディションがベストな状態の1回戦でまずやっておきたい。そこで叩いておけば、優勝できる確率がグッと上がるという考えのうようだ。
 反対側の山からは、昨年のトーナメント準決勝で敗れているサワーが上がってくると予言した魔裟斗は、「ブアカーオに勝って、決勝でサワーに勝つのが1番カッコイイ」という青写真を描いた。そのサワーと同じ山にいる佐藤嘉洋は1回戦でクラウスと対戦するが、「去年の9月に負けている選手なので、必ずリベンジして、上のステージにいきたい」と意気込みを語った。谷川プロデューサーも「佐藤選手がクラウスやサワーに勝てるかどうかが大きなテーマになる」と、魔裟斗に次ぐ日本人ファイターの佐藤に期待を寄せた。

 また谷川Pは、1回戦でいきなり魔裟斗vsブアカーオを決めたことに関して、「プロデューサーとしては決勝でやってもらったほうがいいカードだが、魔裟斗選手のやる気を見て、その気持ちに賭けてみようと思って決めました。ブアカーオは今年結構流している。あの流し方なら魔裟斗選手には勝てないが、タイ人は賞金が懸かっているともの凄い強いので、見違えるブアカーオが出てくると思う。(魔裟斗vsブアカーオは)歴代のMAXの試合の中でも最も完成された試合になると思う。完成された者同士のすごくレベルの高い試合になる気がします」と、テレビ中継のことを考えても1回戦でやるのはもったいないという思いはありながらも、ベストな状態で両者が対戦すれば、MAX史上最高レベルの試合になるのは間違いないという自信もあり、ここでMAXブランドをさらに強化するためにも最高の試合をしてもらおうという狙いがあるようだ。
 そして「お客さんには1回戦の第1試合なので、ぜひ遅れないように会場に来てほしい!」と、平日(水曜日)の18時開始ということもあって、チケットを買ったお客さんにはこの魔裟斗vsブアカーオという目玉カードを見逃さないようにしてほしいと注意を呼びかけた。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif