プロレス、格闘技、IT、デジタル、iPod、Macなどの情報をお伝えするウェブマガジン[angle JAPAN]

›2007年09月08日

GBHに圧勝した長州が「俺たちから獲れなかったら消えてもらう!」と宣戦布告

Posted by TEAM-angle at 00:00 / Category: 【プ】新日本プロレス / 1 TrackBack

 7日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『Circuit 2007 NEW JAPAN GENERATION』開幕戦。全試合の詳細はバトル三昧でお伝えしているので、ぜひご覧ください。
 9・2蝶野王国のメイン終了後、GBHが蝶野を袋叩きにすると、長州らレジェンド軍が入ってきて蝶野を救出。GBHはすぐさま逃走したが、蝶野はせっかくの蝶野王国に泥を塗られて激怒した。
 そのレジェンド軍とGBHがこの日のメインで5vs5の10人タッグ60分3本勝負で激突。まずはライガー→マシン→越中→蝶野→長州がそれぞれのテーマ曲をリレー形式で流して入場。続いてGBHが入ってくると、珍しく長州がマイクを取り「テメェら、俺たちを乗り越えられなかったら、消えてもらうからな!」と挑発していった。

 とにかくこの日、長州のやる気が半端じゃなかった。蝶野が石井をコブラツイストに捕らえると、突如長州が「どけー!」と叫んで、コーナーで控えている仲間をどかしてコーナーに駆け上がり、石井にエルボースタンプを落としていく。
 さらに自らコーナーにいるときもリング上の越中に指示を出して、ハイジャック・パイルドライバーを決めると、そのままレジェンド軍全員で太鼓の乱れ打ち。このほかにもマシンが石井をバックドロップで抱え上げると長州がコーナーからネックブリーカーを落とすといった、昭和維新軍時代の合体攻撃を次々に披露。やはり長州はこういう軍団というカタチで徒党を組み、メンバーを手足のように使うほうが燃えるタイプなのか?
 そんな長州のハッスルぶりに感化されるようにレジェンド軍は躍動! 蝶野が天山にケンカキックを決めたのを皮切りに、越中がヒップアタック→ライガーが掌打→マシンがセントーン→長州がリキラリアット→トドメに蝶野がシャイニング・ケンカキックという連続攻撃で天山からピン。1本目を先取した。
 2本目もレジェンド軍の勢いはまったく衰えず、越中が真壁のチェーンパンチで流血に追い込まれたが、長州らのナイスフォローもあって、最後は越中が石井にヒップアタック→侍パワーボムで勝利。何と3本勝負で、レジェンド軍が2本連続で取って勝負を決めてしまった。
 試合後、長州は「これで誰も(俺らの首を)獲れなかったら、リングに上がったときに消す! 消えてもらう。俺たちも同じ状態で(リングに)上がりますから。よし、今度は本隊行こう!」と、レジェンドを乗り越えられないようなら、その相手には消えてもらうことを宣言すると、レジェンド軍全員でガッチリと手を合わせた。GBHに圧勝したレジェンド軍は、次のターゲットを新日本本隊に定めた。

 地元・東金での大会を間近に控えた永田は中西&山本と組んで、曙&バーナード&デヴィットの新生BLACK軍と激突。曙とバーナードという超大型選手のあいだでデヴィットも持ち合いをいかんなく発揮。さらに曙とバーナードも互い持ち味を活かしながら、好連携を披露。本隊側も永田が曙をエクスプロイダーで投げるなど健闘したが、最後は山本が豪快なバーナードボムに沈んだ。

 メキシコ修業時代から先日の蝶野王国までは黒袴姿だった後藤は、この日から黒に金のラインの入ったハーフタイツに、黒のシューズとニーパット姿に変身。蝶野王国では1年先輩の山本をわずか7分程度で沈めた後藤は、この日本隊の重鎮・飯塚と激突。
 ベテランらしく後藤の攻撃を受け止めつつも、厳しい攻撃を返していった飯塚。後藤も若さと勢いに任せて、鉄柵に飯塚を叩き付けると、セコンドの平澤をも飯塚に叩き付け、その上から村正を叩き込むといった無鉄砲な攻撃をみせる。
 ラリアットの連打で飯塚を棒立ちにさせた地獄車(=リストクラッチ式オリンピックスラム)の体勢から、マットに叩き付ける際に自分のヒザを立てて、その上に飯塚を落とそうとする。しかし、これは不完全だった。すると後藤は一気に飯塚をブレーンバスターの体勢に担ぎ上げ、そこからマットに叩きつける際に自らの全体重を乗せたエルボーを浴びせる昇天・改!
 山本戦では封印していた昇天・改で飯塚を沈めた後藤は、握り拳を作って観客にアピール。凱旋帰国後、まだトップ戦線の選手とはほとんど当たっていないが、飯塚超えを果たしたことで、いよいよ上の選手ともぶつかっていくときが来たか。

 また、休憩前には稔&ミラノのイタリア・ブラザースと、棚橋&金本の女性ファンの多いタッグが激突するという好カードが実現。ミラノが実にいい味を出していき、棚橋をきりきり舞いさせると、イタリア兄弟はスペース・ローリング・急所蹴り→ロープパラダイスを同時に出していくという好連携を披露。
 さらに金本のハイキックをミラノはマトリックスディフェンスでかわしてみせたのだが、棚橋がブリッジ状態のミラノにファイナルカット。だが、その後のスリングブレイドもカウント2で返したミラノは、逆に回転エビ固めで丸め込む。あと一歩までG1王者・棚橋を追い詰めたミラノだが、トラースキックの蹴り足を掴んだ棚橋はキャプチュードの体勢で抱え上げると、そこから抱え込み式ファルコンアローのようなカタチでミラノをマットに叩き付けて勝利を奪った。

【angle JAPANは休刊中。プロレス・格闘技のニュースや試合リポートは下記のサイトで!】
btln-banner_468-60.gif